あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

MixhostサーバーでMarsEditを使うとエラー!その解決方法などを公開

   

Marsedit error 4

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

いや~、参った。

いまや僕のブログ執筆効率化ツール選手権の圧倒的第一位を誇るMacアプリ「MarsEdit」。なんとこいつが使えなくなってしまったのです。突然のことでびっくり。

色々ネットで調べていたのですが、中々Mixhostで同じが出ている人が見つからなかったので、自分で探り探り解決してみました。

スポンサーリンク

MixhostサーバーのサイトでMarsEditをつかっていたら突如httpエラーが出た!

僕の出たエラーはこちら。

Marsedit error 1

何の前触れもなく、昨日まで使えていたのに出てきました。

ユーザーネームとパスワードは何回入れてもダメ。Caps Lockがかかっているのかと思って何回かためしたけ度やはりダメなようです。会社の昼休みの一時間で更新しようと思っていた僕にとっては非常に困った事案です。

途方にくれていても仕方ないので、とりあえずネットを調べてみることに。

原因はIPのブロックかWAFだそう。

どうやら原因はIPがブロックされてしまっているか、WAFが原因だそう。

海外のIPアドレスなどをブロックしてしまっているサーバーだとMarsEdit自体が引っかかってしまうことがあるのだそう。なので海外のIPをブロック設定している方は一度外してみた方がいいかもしれません。

ちなみに僕は自分で設定したIPブロックが原因ではないみたいです。だってブロックを設定していないから。

 

ということで今回の原因はWAFにあると思います。「ウェブアプリケーションファイアーウォール」というもの。

ファイヤーウォールという名前は聞いたことがあると思いますが、まぁ要するにウィルスが入ってこないようにバリアしている感じです。

そこにMarsEditが引っかかっちゃっている模様。困った。

Mixhostサーバーで試すべきMarsEditエラーの対処法。

ということでWAFが原因ということがわかったので、これをMixhostで解消する方法をご紹介します。

ちなみに僕はこれで回復しました!

1. WAFを無効化する

まずはこれ。WAFを無効化するという方法。

Mixhostの場合はコントロールパネルにcPanelというものが使われているのですが、ここで無効化することができます。

Marsedit error 2

cPanelにログインして、「セキュリティ」の欄の「ModSecurity」をまずはクリックします。

Marsedit error 3

下に管理しているドメインが表示されるので、ドメイン毎にON/OFFの設定ができます。難しくてわからない方は上の画像の「無効」ボタンをクリックすると全てのドメインのWAFが無効となります。

これでおっけい!・・・ですが、このままだとセキュリティ状況が悪すぎる。怖すぎですよね。

ということで別途セキュリティはかけた方が良いです。

僕のおすすめは「SiteGuard WP Plugin」というワードプレスプラグイン。これでWAFの設定をプラグイン単位で設定することができます。

個人的なおすすめプラグインもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

2. IPアドレスをホワイトリストに追加してもらう

さて、こちらもご紹介。利用するWiFiが固定されている感じであればこちらの方が確実で楽ですね。

方法は簡単。Mixhostのお問い合わせフォームから連絡するだけです。

僕の場合ですが

ご担当者様

お世話になっております。
サイト運営者のけーすけです。

本日、急にMacアプリ「Mars Edit」に添付のようなエラーが出て利用できなくなりました。
原因について調査したところ、サーバー側でIPブロックがされているような事例(一時的に海外IPと判断されてしまったという事例)はあったようなのですが、cPanelで見た所ブロックしているIPアドレスはなく・・・

一度原因などを調査していただけないでしょうか。
お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。

と問い合わせをしたら次の日にIPアドレスをホワイトリストに追加したと連絡がきました!早速の対応ありがとうございます!

・・・が、カフェのWifiなどで作業を仕様とするとやはりエラーがでます。ということで今もう一度Mixhostに問い合わせをしていますが、おそらくIP単位でしか登録できないので、利用するWiFiが固定されている方限定の方法かもしれませんね。

Mixhostは対応が早いから助かります。

なにはともあれ、解決法はこの2つ。電話の窓口はないものの、Mixhostの対応の早さにはいつも驚かされます。本当に感謝。

小さい会社なのにここまでしっかりとスピードが出て、サポートをしてくれるサーバーはあまりないかなって思いますね。

ただ、今回の件が解決しないのであればWPXに戻す可能性も考えないとなぁ・・・僕はMixhostかWPXくらいしかサーバーは信頼していませんが、この2つは使ってきて本当に良かった思いしかない。

MarsEditを手放すことはできないですからね・・・最近WPXでもhttp/2に対応できるようになったという話なので、めんどくさいけどWPXが濃厚かも?

おすすめの理由なども書いていますので、ぜひ参考にしてください!

次回の記事は・・・?

三脚ゴリラポッド新作購入しました!使用感などをレビューしますね!
更新情報はSNSなどでチェックをお願いします!↓↓

 - 便利サービス

PAGE TOP