この軽さがいい。PCもしっかりと入るROMOSSの3WAYバックパック

Romoss backpack main1

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@saradaregend)です。

PCを常に持ち歩くようになって早3年。スマートフォンを家に忘れるとちょっと心もとない気持ちになるのと同じように、僕はPCを忘れるとそわそわします。

トートバッグだとやはり重さが気になるので、PCを持ち歩くときはだいたいリュック・バックパックで行動します。

でできる限り肩に負担がかからないようなバックパックを探し求めて見つけたのが、IncaseのCity Conmpactというバックパックで、それを愛用していたのですが、今回は同じくらいしっかりとしていて、より軽いバックパックをご紹介したいと思います。

sponsored

ROMOSSの3WAYバックパック

Romoss backpack7

今回僕が紹介するのはROMOSSというメーカーのバックパック。

最近は企業様からもらった商品でも、僕気に入った商品しかブログでは紹介しないようにしているのですが、前回ROMOSSさんから頂いたコンセント内臓のモバイルバッテリーが最高だったのと、今回のリュックの機能性に惚れ込んだのでご紹介。

雨や傷に強い

Romoss backpack14

外観はナイロン系。雨に濡れても水はけが良い感じで、相当な雨に打たれない限りは中のものが濡れないようになっています。

ファスナーの部分は防水ではないのですが、むき出しになっているわけではないのでやはり雨風には強い。

背負った感じが非常に軽い

軽い。非常に軽いです、こいつ。

重さは970gと1kgを切っており、PCなどもろもろ入れても3kg程度で収まってくれる感じ。

Romoss backpack1

また、このショルダーベルトの湾曲具合が良く、肩への負担が少ないのも大きな特徴。バックパックで僕が最も注目しているのがこのショルダーベルトで、この出来によってかなり背負った感じに差が出てきます。

Incaseももちろんショルダーベルトの部分が非常に優秀。それが気に入って愛用していましたからね。

実用的なポケット

ポケットは大きく分けて

  • メインポケット
  • 出張用ポケット
  • 小物用ポケット

の3つ。

PCが入るメインポケット

Romoss backpack9

メインポケットはPCが綺麗におさまります。

Romoss backpack10

このモフモフがいいんですよね・・・これはIncaseのバックパックにも同じようにあります。

これがあるだけでPCの安心感は倍増ですね。普段他のバッグを使うときにはちゃんとPCケースをつけているのですが、このモフモフがあるときはPCケースはつけない。生でございます。

容量自体は結構大きいのですが、マチはそこまで広くない。大きい一眼カメラはちょっと入らないですね。コンデジか小さめのミラーレスなら入れて持ち歩けます。

小分けのポケットの中にはUSB端子があって、そこにモバイルバッテリーを挿しておくと、

Romoss backpack4

バッグの外から充電ができるようになっております。いるかな・・・と思いましたが、コードが絡まないし、いちいちモバイルバッテリーを出さなくて良いのは正直に便利でした。

どこかで絡まることもないし、少し重たいモバイルバッテリーでも手に持つことなく充電できますしね。

 

ただ、一つ気がついたことが。

最近のモバイルバッテリーってケーブルでつないだ後に、モバイルバッテリーのボタンをポチッと押さないと充電されないものが多いですよね?

そういうモバイルバッテリーだといちいちカバンをあけてボタンを押さないと、こちらも充電できません。これが盲点で結構面倒でしたね・・・まぁ仕方ないんですけどね。

出張用ポケット

Romoss backpack15

正直、これはあまり使わないです・・・少し薄めのポケットなので、書類などを入れるときには便利。

衣服を入れるポケットが中にあるのですが、マチが大きくはないので1~2日の衣服で精一杯かなと思います。

ちなみに僕は普段はジムの服などをここに入れて持ち歩いています。

小物用ポケット

Romoss backpack8

小物用ポケットは外についているので、アクセスしやすい位置にあります。

また、結構小さく見えがちなのですが、中は結構入ります。小物用ポケット自体に厚みというかマチはないのですが、手をズボッと入れられるくらいサイズは大きいです。

僕の場合は

  • パソコンのアクセサリー
  • 名刺入れ
  • 印鑑
  • カメラのバッテリー

あたりを小物入れに仕込んでいます。

リュック以外でも利用可能な3WAY仕様

このROMOSSのバッグを利用するときはもっぱら背負う形でバックパックとして利用していますが、手持ちのバッグとしても活用ができます。

Romoss backpack12

このように外に出ているショルダーベルトを、

Romoss backpack13

完全に中にしまい込むことができます。かなり確信的よね、これ。

今までの2WAYバッグとかって、背負わないときにこのショルダーベルトが邪魔で仕方なかったのですがファスナーまでつけて完全にしまい込むことができる。

すると

Romoss backpack16

縦でも

Romoss backpack17

横でも自由に持ち運べます。持ち手の部分のクッションが結構しっかりとしているのと、バックパック本体が結構軽いので、手持ちでもあまりツラさを感じません。

もちろん中に入れるものには左右されると思いますが、PCとその他少し入れるくらいであれば手持ちでも余裕でございます。

PCが入るバックパックとして非常に優秀

Romoss backpack main2

「PCが入るバックパック」というと様々なものがあるかと思いますが、僕が結構大事にしているのがバッグにおけるPCの保護性。

ただ入るだけではなく、安全に入るということは僕の中での一つの基準です。今回のROMOSSのバックパックはその基準もしっかりとクリアしていて、かつ以前のIncaseよりも軽い。そして安いです。

後は大きいカメラを持ち歩くかどうか。

毎日持ち歩くわけではないという方はバッグのバリエーションの一つに追加してみてくださいませ。

また、文中でよく名前を出していたIncaseのバックパックも別記事で紹介していますので、検討している方は見てみてください!

Incaseのバックパックをレビュー! PCも軽々のApple公認リュック。

ROMOSSのモバイルバッテリーは最高よ。

あ、そうそう、今回ご紹介したバックパックのメーカー「ROMOSS」さんのモバイルバッテリーも以前のレビューしているのですが、これがまた最高なのです。

いままでのモバイルバッテリーの中で僕としては完全にベストセラーなので、気になる方はぜひこちらもみてくださいね!

AC内蔵で大容量!ROMOSSのリモワ風モバイルバッテリーをレビュー!

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 仕事の時にもイケるセミフォーマルなバックパックは用途の幅が広くて良いですなぁ
webledgeのLine@登録

sponsored

-バッグ
-, ,