大切だから、おしゃれよりも機能性。HAKUBAの一眼カメラケース「ルフトデザイン カメラジャケット」を買いました

HAKUBA カメラケース記事のメイン画像

カメラはほぼ毎日持ち歩く僕の相棒。重くても使う場面がなかったとしても、だいたい毎日一眼カメラを持ち歩いています。

つい先日にはα7RIIに別れを告げ、α7IIIに乗り換えを果たしました。

新たな相棒を手にして、ふと改めて苦楽をもとにしたα7RIIを見てみると、結構傷がついていることに気がつきました。

α7RIIの外観

大事にしきれていなかったんだなぁと少し反省。新しい相棒にはできる限り傷をつけたくないなと感じ、カメラケースを買いました。今回はそんなカメラケースの話。

sponsored

HAKUBA「ルフトデザイン カメラジャケット」を買いました

なんでこんなにすれ傷がついているのかなぁと考えてきたのですが、多分僕の使い方のせい。普段カメラもPCも持ち歩く僕はバックパックを背負って移動しているのですが、その中にそのままカメラを突っ込んでしまっていました。

もちろん、他のガジェットもカバンに入っているため、カバンの中で揺られて傷がついてしまったのだと思います。

HAKUBAのカメラジャケット

そこで今回買ったのがカメラケース。HAKUBAの「ルフトデザイン カメラジャケット」というものです。

価格が1,000円台とかなり安価で、かつAmazonでの評価もかなり高かったので即購入となりました。あまり大きいケースを買ってしまうと荷物になるし、自分の用途にもあっていました。

マジックテープでさっと収納できる

マジックテープでさっと取れるHAKUBAのカメラケース

素材はウェットスーツなどに使用される、水に強く伸縮性とクッション性の高いクロロプレンゴム。見た目以上にしっかりとしている印象があります。

クッションの厚みは5mm程度。傷をしっかりと守りつつ、カバンの中でも邪魔にならない程度のちょうど良い厚みですね。

カメラを収納したらマジックテープで止めるだけ。使う際はベリベリとマジックテープを剥がせばいいだけなので、もたつかないのもありがたい。

背面にはポケットがついている

背面部にはポケットがついていてレンズキャップやフィルター、SDカードなどが収納できます。ちょっとしたなくしそうなものを入れておくのに便利なスペースですね。

sponsored

サイズは要チェック

サイズは注意したいHAKUBAのカメラケース

一点、気をつけておきたいのはサイズ。自分の持っているカメラに応じてぴったりのサイズを選ぶように注意して欲しいです。

大きい分には収納できますが、小さいと裏面のマジックテープが閉まりきらない。

ちなみにSonyのα7系のカメラを持っている場合、SEL55F18Zの単焦点レンズとセットだとM-80というサイズがちょうど良いサイズ感でした。

もうひとつ、TAMRONのソニー用Eマウント「28-75mm F2.8 Di III RXD」とのセットだと、L-120がちょうど良さそうなサイズです。

僕は誤ってM-110サイズを購入してしまったのですが、マジックテープがギリギリです。。まぁなんとかしまえるので許容範囲ではありますが。

決してかっこいいものではないけれど

HAKUBAのカメラケースの外観

決してかっこいいものではないです。あくまでバッグインバッグのような使い方をする、いわば裏方的存在なので、かっこ良さは重視していません。

それよりも機能性。

バッグに直接入れる人には必需品

僕のように、バッグの中に直接入れるのであれば、ぜひ使って欲しい。中で他のガジェット類とこすりあってしまうだけではなく、バッグへの衝撃で中のカメラが傷ついてしまう場合もある。

そういう時でもこのケースさえあれば安心ですから。この安心感が1,000円台で買えるのであれば僕は大歓迎です。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 僕とかはついカバンを落としてしまう時などもあるので、このカメラケースが必需品です。
webledgeのLine@登録

sponsored

-カメラ
-, ,