旅行に便利なXILETUのミニ三脚を購入。お手頃な価格なのにこの安定感。

XILETUのミニ三脚

先日、一眼カメラにも使えるミニ三脚を購入しました。

写真の表現の幅を広げる三脚というアイテム。可能であれば大きいものを常に持ち歩きたいところですが、さすがにそれは難しい。もっと身軽に行動したい。

そういう時に頭に浮かぶのがミニ三脚。これまではピンとくるものがあまりなかったのですが、ちょうど良さげなものがでこにくで紹介されていたので、買ってみることにしました。

↓動画にもしましたので、ぜひ見ていってください!

sponsored

3,000円というお手頃価格で買えるミニ三脚

おすすめのミニ三脚レビュー画像

こちらが今回購入したミニ三脚。「XILETU」という、おそらく中華メーカーのミニ三脚です。

ミニ三脚自体は気になっていたものの、イマイチグッとくるものがなかったのですが、3,000円という価格に耐荷重2.5kgというパワーの強さに惹かれ、買ってみることに。

アルカスイス互換の雲台なので、他のアルカスイス三脚も同じシューのまま利用可能。

ミニ三脚ゆえに高さはありませんが、旅行中などに角度を調整したい場面は結構あるのでこれは使えるな…!

と思っています。

定番のマンフロットと違う部分

ところで、ミニ三脚と聞くとマンフロットを想像するのは僕だけでしょうか。僕の周りは結構マンフロットのPIXIシリーズを持っている人が多いイメージ。

その辺のミニ三脚とも少し比較してみたいと思います。

名称 XILETU ミニ三脚 Manfrotto PIXI Manfrotto PIXI EVO
伸高 10.5cm 13.5cm 10.5cm(伸ばして20cm)
格納高 19.5cm 18.5cm 23cm
自重 約275g 約190g 約250g
耐荷重 約2.5kg 約1kg 約2.5kg
雲台 アルカスイス互換 アルカスイス互換ではない
材質 アルミ ステンレス アルミとプラスチック
Amazon価格 3,000円 1,895円 3,315円

耐荷重的に、Manfrotto PIXにフルサイズカメラは使えなさそう。材質もアルミじゃないみたいなので、ほんの少しパワー不足かなぁと。あとは使うときにクイックシューがないので付けづらいという点もありますね。

残るはPIXI EVOですが、大きな違いはやっぱり雲台の部分かと。アルカスイスかそうでないかは重要。アルカスイス互換の雲台だけ別で買おうとしても数千円したりするので、この要素だけでも買う価値はあるかも。

自重や伸高を比較するとPIXI EVOに分があるかと思いましたが、安定性があまりよくないという話がだいぶネック。かなりたわむし、しっかり固定しても若干のがたつきが気になるみたい。

それも踏まえると、うん、買ってよかったなぁ。

sponsored

XILETUのミニ三脚をレビュー

XILETUのミニ三脚

さて、それでは本題であるXILETUのミニ三脚をレビューしていきたいと思います。

初っ端に写真を撮り忘れたのですが、本体以外に

  • バンド(柱や木にくくりつけるためのもの)
  • 説明書
  • 六角レンチ

などが箱に入って送られてきます。

大きさはこんな感じ。ズームレンズをつけたカメラと同じくらいの高さって感じですね。三脚自体は細いので、見た目よりもコンパクトに感じるかもしれません。

ただ、その見た目に対して自重は重め。三脚だけを手に持つと思いの外ずっしり感を感じます。

こちらがアルカスイスに対応しているクイックシュー。ミニ三脚はクイックシューのないものも多いので、これが付いているだけでだいぶ使い勝手がよく感じます。

雲台

使うときはクイックシューををカメラにつけ、三脚の雲台の部分に取り付けて使います。雲台の部分には水準器もついていて安心感たっぷりです。

この右のレバーで雲台のボールの動きをゆるめたりできます。最大限にゆるめても結構硬めな感じ。

雲台に取り付けてネジをググッと回したら設置完了。

付けてみると変ながたつきもなく、かなりしっかりとしている印象。

低価格な三脚って細かい部分がガタつくものが多いようなイメージでしたが、XILETUのミニ三脚は結構いい感じ。さすが耐荷重2.5kgですね。

買った直後は脚が結構硬いので、自分のカメラに応じて脚の硬さなどは調整してみてもいいかもしれません。

完全にまっすぐではありませんが、縦構図でも撮影ができます。安定感があるので重いカメラをこのように縦にしても心配はいらなそうです。

低価格で使い勝手の良いミニ三脚

可動部の動きが少し硬いとは感じるものの、安定感は素晴らしい。3,000円とは思えないくらいのがっしり感です。

そして嬉しいのがアルカスイス互換の雲台ですかね…!最近は自宅で複数の三脚を使う機会が増えているので、毎回変えるのが煩わしく感じています。

全部同じクイックシューに統一ができたら…!そう思うきっかけとなったミニ三脚。旅行などでもバシバシ使っていこうと思います。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ

小旅行とかはこれとα6400でいっちゃってもいい感じかもなぁ

↓動画にもしましたので、ぜひ見ていってください!

関連:旅行にぴったりのトラベル三脚

Fotopro DIGI-204のメイン画像

非常に使い勝手の良い今回のミニ三脚ですが、旅行用にそこそこ高さのある三脚も別でレビューしています。今回のミニ三脚鳥もさらに安い2,000円くらいという価格ですが、星空も撮影できる十分な三脚です。

webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-カメラ
-