一眼にも使える!今欲しいミニ三脚・おすすめのミニ三脚をまとめてみた。

ミニ三脚 おすすめのメイン画像

最近、新しいミニ三脚を買いました。一つあると何かと便利なミニ三脚。

旅行中に普通に三脚として使うのも良いし、自撮りするためのグリップとして使うのも良い。背の高い三脚は便利ではありますが、旅行に持っていくとなるとコンパクトなミニ三脚のほうが手軽で持っていきやすい。

そんな理由から購入したミニ三脚ですが、近年の動画ブームもけん引して様々なものが発売されています。結構な数を見て、個人的なおすすめが固まってきたのでご紹介したいと思います。

sponsored

僕が考える、ミニ三脚を選ぶ時のポイント

おすすめのミニ三脚の一つ ゴリラポッド

後ほど詳しく紹介しますが、僕が持っているミニ三脚は2つ。

  • JOBY ゴリラポッド3K
  • XILETUのミニ三脚

の2つです。この2つは何気なく買ったわけじゃなく、他の商品などと比較し、しっかりとレビューなども参考にして購入したので本当におすすめのミニ三脚です。

買う時に比較したポイントは3つ。 どれもミニ三脚を選ぶ時にはチェックして欲しい項目です。

自分のカメラを支える対荷重があるか

まずは対荷重。自分の持っている一眼カメラがレンズと含めて1kg程度だった場合、それ以下の三脚は全く使えません。

対荷重は、少なくとも自分が使うであろうカメラ+レンズの最大の重さ以上のものでないと安定しません。

また、対荷重ギリギリのものだとやっぱり安定性に欠ける印象があるので、ある程度余裕のあるものを選ぶのがオススメです。

雲台に自由が効くかどうか

対荷重や高さばかりに目がいって、意外と軽視してしまうのが雲台の部分。安いものだと自由雲台の付いていないものなんかもあるので、使いにくさ抜群です。

そういう三脚は、後ほど雲台を追加で購入する必要があります。また、使う時にもさらに雲台分重くなってしまうので、その分またさらに対荷重が必要になる。

できれば最初から自由な雲台の付いているもの、それでいてクイックシュー付きのものがあればそれが最高です。

持った時のグリップ感が良いか

これは完全にYouTuber視点。

ミニ三脚の何がいいって、もちろん本体がコンパクトで軽いというのもあるのですが、即座にVLOGに移行できるというのもYouTuberとして大きなポイントです。

自撮りする時などは、ミニ三脚のグリップ感が直接動画の安定感にもつながるし、何より疲れにくくもなります。

動画で自撮りもしたいという方は、ぜひこのポイントもチェックしてみて欲しいのです…!

僕が持っている、おすすめのミニ三脚

それでは、僕が実際に持っていて使っているミニ三脚をご紹介。

JOBY ゴリラポッド3K

おすすめミニ三脚のゴリラポッド

一つ目はこちら。JOBYのゴリラポッドというミニ三脚です。この形はみたことのある人も多いはず。

1K,3K,5Kなど、対荷重によって大きさが違いますが、僕の持っているのは対荷重3kgのゴリラポッド3K。

ミニ三脚としては若干コンパクトさに欠けますが、その分脚がくねくねと曲がって木や手すりに巻きつけることができるのが便利。

足場が悪くても脚が自由に動くので安定して撮影することができます。

ゴリラポッドの雲台部分

雲台の部分もセットで買うのがおすすめ。このクイックシューはカチっとはめるだけという便利なやつで、可能であれば他の雲台もこれに対応して欲しいと感じるレベルです。

自撮りをする時などは自分の方向に脚を曲げると持ちやすさがアップするので、その点もおすすめです。

スペック表はこちら

名称 JOBY ゴリラポッド3K
自重 約650g
耐荷重 約3kg
雲台 独自のクイックシュー
材質 アルミ, ステンレス鋼, ABS Plastic,TPE

ちなみに似たような廉価版の製品が多く発売されていますが、耐久性や安定性は圧倒的にJOBYが良い感じです。

XILETUのミニ三脚

おすすめミニ三脚の一つ、XILETUのミニ三脚

実際に使っているおすすめのミニ三脚2つ目はXILETUのミニ三脚。先に紹介したゴリラポッドよりもコンパクトで、これぞミニ三脚という見た目をしています。

こいつの良いところはとにかく安定性。対荷重2.5kgなので先ほどのゴリラポッドよりも0.5kgほど対荷重が少ないのですが、全くガタつくそぶりを見せません。

非常に安定感がある。

雲台がアルカスイス互換のミニ三脚

また、付属の雲台がアルカスイス互換の雲台なのも良いところ。他のアルカスイス対応三脚となら付け替えが楽にできます。

名称 XILETU ミニ三脚
伸高 10.5cm
格納高 19.5cm
自重 約275g
耐荷重 約2.5kg
雲台 アルカスイス互換
材質 アルミ

若干自重が重く感じますが、それでも300g以下。旅行などには持って行きやすいコンパクトさですね。

sponsored

気になる人気のミニ三脚

さて、ここからは僕が今欲しい人気のミニ三脚についてご紹介していこうと思います。

Manfrotto MTPIXI-B

おすすめ三脚のマンフロット

人気のミニ三脚一つ目は安定のマンフロット。「MTPIXI-B」というタイプのものです。

何が良いって、そのコンパクトさと価格の安さでしょうね。

高さはそこまで出ませんが、収納時も18.5cmと非常にコンパクト。自重も200gを切って190g。そして価格は2,000円以下と非常にお手頃です。

雲台の部分は残念ながらクイックシューなどはないのですが、自由雲台はボタン一つで固定できるので、利便性は非常に良い感じです。

名称 Manfrotto MTPIXI-B
伸高 13.5cm
格納高 18.5cm
自重 約190g
耐荷重 約1kg
材質 ステンレス

一つ難点を言うとすれば、対荷重ですかね。

コンパクトなミラーレスを使っているなら良いのですが、普段持ち歩くカメラが対荷重1kgを超えてしまうので、安定性が若干心もとないです。。

握った時の大きさがちょうどよく、グリップ感も非常にいい感じなので、コンパクトなカメラを持っている人にはぜひおすすめしたいミニ三脚です。

Leofoto MT-03

おすすめのミニ三脚のLeofoto

次に気になっているミニ三脚が、LeofotoのMT-03というモデル。雲台のLH-25とセットで販売されています。

価格が一万円を超えたりするのでちょっと躊躇しているのですが、ミニ三脚の中ではかなり機能満載なモデル。脚の開きは3段階で、それぞれスイッチを駆使して固定することが可能。

Leofotoの三脚を高くした姿

さらに収納されている脚をひらけばもっと高いところまで撮影できる。

このモードを「スパイダーモード」とか呼んでいるそうで、このモードの状態であればゴリラポッドと同じように足場の悪いところでも自由に三脚を使えるのです。

名称 Leofoto MT-03
伸高 24.9cm
格納高 21.2cm
自重 約340g
耐荷重 約5kg
雲台 アルカスイス互換
材質 アルミ

公式で対荷重が5kgまでいけるとの記載があるので、相当重いカメラを乗せても大丈夫。

グリップ感はそこそこですが、利便性と安定性に振り切ったミニ三脚ですね。

SIRUI 3T-35K

おすすめミニ三脚のSIRUI

もう一つ気になっているのがSIRUIのミニ三脚です。

とにかくめちゃくちゃ安定するのと、グリップ感が非常に良いということでYouTuberの間ではめちゃくちゃ人気のミニ三脚となっています。

価格も一万円以下で、手が出しやすいのも魅力の一つ。

名称 SIRUI 3T-35R
伸高 34.2cm
格納高 23.0cm
自重 約390g
耐荷重 約4kg
雲台 アルカスイス互換
材質 アルミ

対荷重は4kgで、高さは約35cm程度まで伸ばせる。三脚として使う時は脚の部分を外に出すようにして立てるだけなので非常に簡単。

SIRUIのミニ三脚をたたんだ姿

極め付けにグリップ感が良いという、願った機能が全て盛り込まれている三脚です。

VLOGとかに使う方にとってはかなり良いと思います。

自分の用途に合わせてミニ三脚を選ぶ

ひとえにミニ三脚といっても、形やスペックなどはそれぞれ大きく違いが出ます。

VLOG用に買うならグリップを重視した方が良いし、重たいカメラを使わないなら対荷重の低いものでコスパよく買うのも良い。

ミニ三脚というとあまり持っている人を見かけないのですが、あると自宅でも外出先でも使える便利なアイテムです。

自分の用途にあったミニ三脚が一つあれば、表現の幅も大きく広がっていくのではないでしょうか。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ VLOGの時にミニ三脚があると手ブレが小さくなるのでおすすめ
webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-カメラ
-,