Velbonの自撮り棒「ULTRA STICK SELFIE」レビュー。GoProやiPhoneに最適!

gopro用自撮り棒 ultra stick selfy

GoProを購入したのは2ヶ月くらい前のこと。旅行などでの撮影や、室内のタイムラプスなどでも積極的に活用しており、なかなか重宝しています。

かなり広く撮影できるので、室内の撮影などはかなり便利。広角レンズの購入を決めあぐねていた僕にとっては、その穴を埋めてくれてなおかつ軽いという願ってもないカメラでした。

そんな感じでGoProには満足感しか感じていないのですが、その満足感の一端は、一緒に買った自撮り棒が担っているといっても過言ではない。

今回は、そんなGoPro活用の幅を広げる自撮り棒をご紹介したいと思います。

Velbonの自撮り棒「ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)」

Velbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)

今回僕が購入した自撮り棒はVelbonのULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)

GoPro用の自撮り棒としては公式のものがあったり3wayのものがあったりとするのですが、いかんせん高いものが多い。なんとかお手頃でいい感じの自撮り棒がないかと探していたところにあったのがこのULTRA STICK SELFIEでした。

信頼できるVelbon製ながら価格は4,000円前後。

コンパクトで持ち運びやすく、なおかつ安定感もある。旅行に持ち出すのにはなかなか最適な自撮り棒です。

ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)
重量 185g
耐荷重 400g
縮長 185mm
全長 725mm
雲台 自由雲台

400gまでのものならカメラを載せられるので、小さなコンデジやiPhoneなどにも利用ができます。

一眼などの重いカメラなどは利用できないのでご注意を。

ULTRA STICK SELFIEはとにかく軽く、コンパクト

とにかく軽くてコンパクトなULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)

この自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)のいいところはとにかく軽くてコンパクトなところ。GoProに利用した場合、カメラ本体の重さが120g程度なので自撮り棒とくっつけても300g程度で収まってくれます。

翌日の衣服などでパンパンになってしまった旅行バッグにもグッと押し込めば問題なく持ち運べるコンパクトさが非常に嬉しいのです。

手元にはクッションがついている

他の自撮り棒もいくつか試してみたのですが、ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)は持ち手の部分が本の少し太めに作られている印象。そのぶん持った時の感触が気持ちよく、それでいてクッションもしっかりとしているので手に負担を感じません。

sponsored

長さは6段階調節。最大3.9倍に

GoPro用自撮り棒ULTRA STICK SELFIEを眺めるけーすけ

自撮り棒を選ぶ時はどのくらい長く伸びるかも重要視したポイント。ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)の最小縮尺は185㎜で、最大縮尺は725mm。6段階で約3.9倍まで伸ばすことができます。

伸縮方法も簡単。グリップの部分をひねって伸ばすだけ。

GoPro用自撮り棒ULTRA STICK SELFIEを伸ばすけーすけ

6段階MAXじゃなくて途中で止める場合なんかも簡単です。

100円ショップなどでも安っぽい自撮り棒などはあるかと思いますが、伸縮に引っ掛かりを感じたり耐久性に安心感がなかったり。その点Velbonのはさすが、全く引っ掛かりを感じません。異常にスムーズ。

ひねる度合いによって長さを6段階分変更できるので、伸ばす長さはご自分の好きなように。

底に付いた三脚穴を使って、さらに用途を広げる

ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)の底の部分には申し訳程度に三脚穴が付いています。この穴が付いていることによって、別の三脚の上部に取り付けるなんてこともできる。

例えばマンフロットのミニ三脚。

この上にULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティックセルフィー)をつければちょっと高いところまで撮影ができる三脚に早変わりします。

こういう風に拡張性がある、というのもこの自撮り棒ならではの利点ではないでしょうか。

GoProでの利用の際はアダプターが必要

GoProで自撮り棒を利用するにはアダプターが必要

GoProには一般的なデジカメや一眼レフなどにあるネジ穴がついていないので、専用のアダプターをかませないといけない。

僕の使っているものはこちらのレックマウントのもの。

安価な割にしっかりとしているのでこれまたいい商品。こちらはうえせいさんに誕生日プレゼントとしていただきました。ありがとうございます!

これ一つあると他の三脚などでも使えるようになるので、GoPro使いは一つ持っておいても損はないですよね。

GoProを使いこなすのに最低限用意したい自撮り棒

旅行では必須のGoPro用自撮り棒

スタビライザーなども含めてGoProには様々な用途のアクセサリーが発売されていますが、最低限GoProを使う上で持っておきたいのがこの自撮り棒。

自撮りする時だけではなく、動画で使う時にもこれがあれば少し手ブレも抑えられる。ポケットにすっと入れて、軽々旅行にいけるから尚更良い。

ついついケチってしまう自撮り棒ではありますが、一つ持っておくと使う場面はかなり多いので、まだ使ったことのない方は一度手にとってみてください。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 自撮り棒の手持ち部分がふわふわで好き。

ゴリラポッドとかもGoProで使えそう

一眼カメラ用に買ったゴリラポッドですが、こういうフレキシブルな三脚はGoProとの相性はとても良さそう。もう少し軽いモデルもあるので、ぜひ覗いてみてくださいね!

-カメラと写真
-,

関連記事

sponsored