軽くて安くてコンパクト。一眼にも使える三脚 Fotopro「DIGI-204」がおすすめ

Fotopro DIGI-204のメイン画像

カメラ・ガジェット系のブログを運営しているとカメラについて質問をいただくことが結構多くあります。

さらに話を掘り下げていくと三脚を持っていないという人が結構多いのです。三脚があれば写真の幅がかなり広がるのに、なぜか持っていない人が多い。

そういう話になると

「何かおすすめの三脚ありますか?」

という質問が飛び出します。

そんな時に答える三脚がFotoproというメーカーの「DIGI-204」という三脚。ありますよ。軽くて安くてコンパクトな三拍子揃った三脚です。

↓動画も撮影しましたのでぜひ見ていってください!

sponsored

軽くて安くてコンパクトな三脚「DIGI-204」

digi-204の外観

一口に三脚といっても、数え切れない種類のものが世の中にはあります。カーボン素材でできた軽くて高耐久なものや、ずっしり重く安定感に特化したものなど。

軽く5万を超えてくるものだってザラにあります。ただ、僕がほしいのはそういうものじゃない。

求めているのはとにかく軽くてコンパクトなもの。旅行で持っていった時にできるだけ荷物にならないやつで、そこに安さとというポイントがなお嬉しい。

そんなわがままを全て叶えた三脚がFotoproのDIGI-204という三脚なのです。

iPhoneと比較したDIGI-204

2年くらい使っているのですが、一眼にも使えるしこれで十分。現状不満はなく、僕にとっては最高の三脚だと思っています。

Fotopro「DIGI-204」の3つの良いところ

まずはこの三脚の良いところ

  • 軽さ
  • 安さ
  • コンパクトさ

の3点についてもう少し詳しく説明させてください。

570gという軽さ

この三脚が本当に好きなのは軽さにあります。たった570gという異常な軽さ。なのに一眼にも使えてしまいます。

他の一眼用三脚で「軽い!」と銘打っていても大抵は600~700がいいところ。先日、渋谷のビックカメラで全ての三脚の重さをチェックしてみたのですが、これよりも軽い一眼用の三脚は見つかりませんでした。

おそらく、現存する一眼用三脚の中では一番軽いのではないでしょうか。(他にあれば教えていただきたい…)

価格は2,000円以下

驚くべきはその価格も。実売価格は2,000円以下とかなり安い。

このくらい安い三脚だとちゃんと使えるが心配になりますが、2年間僕がちゃんと使えているのでそこは安心してもらえると嬉しいです。

バックパックにすっぽり入るコンパクトさ

バックパックにすっぽりと入る

もう一点、嬉しいのがこのコンパクトさ。旅行などにも使うIncaseのバックパックにもすっぽりと入ってしまいます。

他の三脚だとだいたい頭が飛び出てしまいますが、これならすっぽり入る上で他の荷物も入るくらいの余裕が確保できますね。

sponsored

DIGI-204の外観・機能レビュー

軽さ・コンパクトさで2年も使い続けているこの三脚。外観や機能などもご紹介したいと思います。

だいぶ使い込んでボロボロになってきてしまっていますが、そこはお許しを。

伸縮は4段の120cmまで

三脚の伸縮は4段。

三段伸びる脚

脚の部分が三段と

雲台も伸びる

雲台が伸びて合計4段で高さが調節できます。脚の伸縮は留め具をパチッと外せばすぐに調節可能。するすると伸ばすことができます。

伸縮幅は38cm〜120cm。高さを求める方には若干不満の残る伸縮幅かもしれませんが、今のところ僕は不便を感じていません。

取り付けはクイックシューを搭載

クイックシュー

取り付けはクイックシューで。カメラの下部につけてからぱちっとはめ込めば三脚に設置完了です。

もちろん、アダプターがあればカメラだけでなくiPhoneやGoProにも利用可能。だけどiPhone用の三脚ならもっと軽いモデルがありそうですね。

このクイックシュー、僕が一度無くしている関係で色が本体とことなく黒になってしまっています。

クイックシューだけ別売りもしているので、万が一無くしてしまった場合はこれだけ買い足しができます。

パンもチルトも可能な雲台

パンも散るとも可能な雲台

雲台部分は持ち手を左に回して緩めることでパンもチルトもできるようになります。割とするすると動かせて、固定も簡単。

写真撮影時の画角調整はかなりやりやすいように感じます。

ただ、動画撮影にはあまり向いていないかも。動画撮影にはパン・チルトの際に程よい硬さがないと滑らかな映像にしづらいのですが、この三脚はその程よい硬さはありません。

固定するだけならいいのですが、被写体を追いながら撮影したい場合は他の三脚の方がいいかもしれません。

対荷重1.5kgの安定性

α7IIIをのっけたDIGI-204

三脚の耐荷重は1.5kgまで。僕の使っているカメラ SONYα7IIIとTAMRON 28-75mmの組み合わせで約1.2kg程度なのでまだまだ余裕はあります。

カメラとレンズの組み合わせでこんな写真が撮れました。

星空の写真などはシャッタースピードを20秒くらいに落として撮影していますが、ブレなどは感じません。十分な安定性かと。

これより軽くてコンパクトな三脚は、多分ない

コンパクトでおすすめの三脚DIGI-204

これよりももっと安定性があってカッコ良い三脚がほしいと思った瞬間は何度かあります。ただ、どうしてもその重さに引いてしまってこの三脚に戻ってきてしまうんですよね。

車で行く旅行なら荷台に乗せれば良い話ですが、バックパックに入れて持ち運ぶ場合はやっぱり軽さが一番大事。

現状これよりも軽い三脚が見つからないので、僕にとってはまさしく最高におすすめできる三脚です。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ それでもまだまだ軽い三脚がないか探し続けています。

↓動画も撮影しましたのでぜひ見ていってください!

関連:どこにでも置ける三脚

普段はこれか、もしくはゴリラポッドという三脚を持ち歩いています。脚がグネグネしているので木とかに巻き付けられる。

一眼にも使えるところが良いですね。

webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-カメラ
-,