あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

SoftbankでMNPを行い、格安SIMに転出する際の手順・方法を丁寧に解説!

      2017/01/24

softbank-mnp-10

本当にちょうどいま、SoftBankから格安SIMに乗り換える為に電話をかけているところ。せっかくの機会なので、SoftBankから格安SIMに乗り換える際にどのような手順・方法が必要なのかを語っていきたいと思います。

ちょうどいま電話しながら書き留めているので、かなり濃いことがかけているんじゃないかな・・・?検討している方はぜひ!

スポンサーリンク

SoftBankからMNPで他社に乗り換えをする時の方法。

NMP予約番号をもらうまでの手順・方法を解説!

さてさて、早速ですが、SoftBankからMNP予約番号をもらうまでの手順を解説していきます。

まず、MNP予約番号を受け取るまでの方法は全部で3つあります。下記がその3つ。

受付窓口 受付時間 備考
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口 午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
My SoftBank
(3G ケータイ版のみ)
午前9時から午後9時30分 iPhone、スマートフォン、4G ケータイ、AQUOS ケータイからは申し込み不可。
ソフトバンクショップ 各店の営業時間 シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)の方がMNP予約番号を取得するには、ソフトバンクショップでMNP予約を申し込む必要があります。

引用:http://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/mnp/

僕はiPhoneユーザーなので、結局は電話での問い合わせ(一番上の段)かSoftBankショップに直接行くしかないですね〜と行ってもSoftBankショップに直接行くのはめんどくさい!(しかも閉店ギリギリだと入れないこともあるので、ご注意を)

ということで電話で番号をもらうことにしました!

softbank-mnp-8

さっそく電話です。電話をする際に必要なものは解約する電話番号とその契約しているものの暗証番号。

僕は解約する予定のiPhoneで直接かけることにしました。この時、解約予定のスマートフォンで電話を発信しておくとちょっと楽になります。番号は上に書いてありますが、「*5533」とSoftBankのスマートフォンからかけると料金もかからずすみます。

すると、まずは音声案内。ここで早速電話番号と暗証番号を聞かれることになります。入力自体は1~2分で完了します。すると

「MNP予約番号発行の為に、オペレーターにおつなぎします」

・・・勧誘か!?と思いつつ待つこと1~2分。オペレーターに繋がりました、ちなみにちょうどいま19:55分。時間ギリギリです。笑 ここから実際の話を再現した方が分かりやすいかな?

オペレーター「お電話ありがとうございます。まずは本人確認をさせてください。お名前と解約予定の番号をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

僕「はい!090-(電話番号)で名前は××です。」

オペレーター「ありがとうございます。今回転出する先はどちらの会社でしょうか?」

僕「(・・・それ必要?)他社の格安SIM会社です。」

オペレーター「Yモバイルはご存知でしょうか?こちらのお電話からキャンペーン付き(後ほどお話しします。)でご案内できますが、それでもご検討は難しそうでしょうか・・・?」

僕「(・・・なんだと・・・・?でももう決めちゃっているから)そうですね、もう決めているので。」

オペレーター「かしこまりました。では転出の際の費用についてですが、事務手数料がSoftBankと転出先で各3,000円(税別)ずつ、それとお客様の場合解除手数料9,500円(税別)がかかりますのでご注意ください。」

僕「分かりました。」

オペレーター「ありがとうございます。それではこの後、ショートメールを2通お送りいたしますので、そちらで予約番号をご確認ください。いままでご利用ありがとうございました。」

 

こんな感じで完了。正直めちゃくちゃあっさりでかなり楽でした。

 

もちろんこれ以外にも僕の方からお支払いについてお伺いしたりしましたが、費用は

  • 事務手数料各3,000円(合計6,000円+税)
  • 契約解除料 9,500円+税

のみで済む感じですね。ちょうど契約更新月でしたら契約解除料もかかりません!Yモバイルへの乗り換えのキャンペーンを少しおすすめされましたが、あっさりと解約完了。

MNP予約番号の期限はちょうど2週間。その後下記2通のショートメールがきました。

softbank-mnp-6

SoftBankさん・・・良心的やんか・・・・

MNP予約番号取得電話からYモバイルに乗り換える際のキャンペーンとは?

そうそう、気になったのがこれ。僕はもうすでにnuro mobileにすると決めていたので、実際にはYモバイルへの乗り換えはしませんでしたが、この電話からすると下記の特典が受けられるような噂があります。

  • 最初の2年間の基本料金が1,000円割引
  • データ容量2倍キャンペーンが対象になる
  • 登録事務手数料無料(3,000円)

なんと!結構安くなるじゃないか!!もしかしたら僕が「他社の格安SIMに乗り換える」と言ったからか・・・?実際に全部の場合にこのキャンペーンが受けられる訳ではないようですが、これを伝えると上記特典が受けられるようです。

あ、そうそう、誤解のないよう言っておきますが、そもそもSoftBankからYモバイルに乗り換えをする際は、基本料金が1,000円高くなってしまいます。上記のキャンペーンではそこからの1,000円割引なので、au・docomoから乗り換える時と同じ価格で乗り換えができるということなのです。

それでも安いので、Yモバイルを検討している人はこの方法知っておくと裏技的な感じでいいかもしれませんね。

MNP番号をもらってnuro mobileに切り替えました。

NMP予約番号をもらってからnuro mobileへの転出の手順

さて、MNP予約番号をもらってからどのような手順で格安SIMに転出するのか。僕は今回nuro mobileに申し込みをしましたので、こちらの手順をご紹介しておきます。

ちなみにnuro mobileに決めた理由ですが

  • 現状最速Wi-Fiであるnuro光と運営会社が一緒。
  • 料金体系が分かりやすくて、月単位で容量を変更可能。
  • 単純に料金が安い
  • 解約金が安い

という感じで特典がめっちゃ多い。詳しくは公式サイトで確認してみるといいと思います。

 

転出の際に必要なもの

転出に必要なものは下記の4つのみ。

nuro mobileへの転出に必要なもの
  • PCかスマートフォン
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号

本人確認書類は写真でアップロードすることになりますので、下記のうちのどれか一つあれば大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのもの)

僕の場合は運転免許証をスマートフォンでその場で撮影してアップロードしました。MacだとiPhoneからの転送が楽です・・笑

あ、万が一クレジットカードを作っていない方は持っていないのであればクレジットカードは作成しないとnuro mobileとの契約ができません。

僕は楽天カードで契約しました。楽天で使えるポイントが毎月貯まるのと、Apple Payでも利用できるというポイントが魅力的。また、発行申請をしてからすぐにカードが発行されるので、そこも嬉しいですね〜僕はだいたい楽天カードで全て決済しています。

実際のnuro mobileへの転出の手順

さて、お待たせしました!早速nuro mobileへの転出の手順をご紹介します。

まずはnuro mobileの公式サイトにアクセスします。

softbank-mnp-7

nuro mobileの場合は結構サイトが分かりやすいですよね・・・!プランを選択すればその金額が出てきます。選択するのは

  • 1ヶ月の通信容量
  • 電話ありかなしか
  • SIMのみかスマートフォン付きか

の3つのみ。僕は9GBで電話あり、iPhone7PlusのSIMフリー機を持っているのでSIMのみを選択して、合計金額は2,800円でした。(SIM+スマートフォンを注文する方はその分の料金等も別途かかりますのでご注意を。)

容量が2GB増えて、かつSoftBankの料金の70%オフという感じ。アツい!!

ここまで入力したら「お申し込みに進む」のボタンをクリックします。

softbank-mnp-9

ここで少し細かい設定画面が。どうやら僕はSIMフリーなので、SIMのサイズを入力しなきゃいけないみたい。ふむふむ・・・SIMのサイズって何???

調べたところ、どうやらiPhoneの場合はiPhone5以降であればnano SIMでいいみたいです。Androidの方はその機種で仕様を検索してみてください。最近の機種ではnano SIMが多いみたいなので、わからない場合はnano SIMでもいいかも。

こんな感じでnano SIMのサイズを他のサイズに変換させるアダプターも売っているので、これがあれば万が一間違ったサイズでもだいたいは変換できると思います。

・・・まぁもちろん自分で調べるのが最善策ですけどね・・・

softbank-mnp-5

SIMの設定などができたらもう申し込みできるってよ!!ここからはMNPの番号や自分の住所などを入力することになります。

softbank-mnp-2

ということで僕も情報を入力。嘘は書いちゃいけませんよ。ここは基本情報のみですね。お次は先ほど取得したMNP予約番号ですね。

softbank-mnp-1

こちらも正確に入力しましょう。先ほど僕はSoftBankでMNPをしたばかりなので、できたてホヤホヤのMNP予約番号がショートメールで届きました。

そちらをハイフンなしで入力します。ちなみに下部にこのような注意書きがあります。

申し込みの際の注意書き

※ 有効期限までの残日数が10日以上である場合のみ、お申込みいただけます。
■今回お申込みを行う名義とMNP転入元事業者での契約名義が同一である必要があります。
契約名義が異なる場合は転入元事業者にて名義変更を行ってからお申込みください。
■本人確認完了後、ご登録の住所にSIMカードを送付いたします。
MNP済みのSIMカードをお申し込みの場合
:SIMカードがお届きになりましたら、開通予約無しでご利用いただけます。
発送からお手元に届くまでの間、転入元の回線はご利用いただけません。
ご自身で開通作業(MNP)を行う場合
:SIMカードがお届きになりましたら、開通予約が必要となります。
開通手続きが完了するまで、転入元の回線をご利用いただけます。
※開通予約を行わなかった場合、有効期限最終日に自動的に開通されます。
※有効期限が誤っていた場合、期限内に開通ができないことがございます。
再度お申込みをいただく場合、最初のお申込みから16日目以降に再申込が可能となります。
その際、再度初期費用が再度発生いたしますのでご了承ください。
■お申込み後のキャンセルはできません。

まぁ注目するのは2点。まず、MNPの予約番号の期限が10日以上あること。MNP予約番号は発行してから2週間が期限なので、実質は発行してから4日以内に申請をしなくてはなりません。

もう一点はスマートフォンへのSIMの登録。僕は「SIM受け取り後に自宅でMNPを行う」にチェックをしました。こうしておかないと、事業者の方でMNPが実行された時点でスマートフォンが届くまで通信が利用できなくなります。

自身でのSIMの設定に自信がなく、かつ使えない期間が2~3日あっても我慢できる方はいいですが、タイムラグを作りたくない方は「SIM受け取り後に自宅でMNPを行う」にチェックをしましょう。

softbank-mnp-4

最後に本人確認書類の画像をアップロードして設定は完了です。僕はスマートフォンで運転免許証を撮影してアップロードしました。4GBまでしかアップロードできないので、一眼レフとかで撮影した場合には少し圧縮してくださいね!

softbank-mnp-3

規約に同意して送信!これで僕の登録したメールに確認メールが届きました!いつとどくかなぁ・・・楽しみに待ちつつ、届いたらまた設定方法をブログに更新しますね!

まとめ:転出は意外と簡単でした。

なんかひと昔前なのかもしれませんが、SoftBank・docomo・auの3社どこを辞めるときにもめちゃくちゃ引き止められたような印象なのですが、今は全然そんなことなかったです。

まぁ格安SIMに転出する方は多いのかもしれませんね・・・・あ、そうそうまだ格安SIMで迷っている方はnuro mobileはオススメです。正直、速度や料金・その使いにくさなどは実際に格安SIMって使ってみないとわからないですよね・・・その点で、nuro mobileは解約手数料とかがないので、気に食わなければいつでも他の格安SIMに変更できるのがかなり大きな強み。

一度ためしにやってみるのはいかがでしょうか??

次回記事の予告!

こりゃいい!moshiのMacBook Pro用キーボードカバーを購入しました!

↓↓気になる方は登録を!

 - ネット回線 , , , ,

PAGE TOP