あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

スマートフォンの充電器はA(アンペア)を見ないと損!?

      2017/09/01

anker-5port-c-10

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

みなさんスマートフォンの充電器はなにで選んでいますか?可愛さ、小ささ、デザイン・・・でも一番気にしたい部分は充電の性能です。特に充電できる速度。これって実はA(アンペア)の値が大きく関係しています。以前ご紹介したCheero Power Plusも2.1Aで急速充電が可能ですね。

爆売れ・爆安!ポータブル充電器Cheeroがもう手放せない。

僕もだいたいモバイルバッテリーやスマートフォンのUSB充電器はアンペアを見て買っています。実際にタブレットなんかはここが低いと全く意味ないですからね・・・

ただ、アンペアだけ見ていればいいというものでもないです。せっかくなので、モバイルバッテリーで損をしないような買い物をしましょう!

スポンサーリンク

スマートフォンの充電器で損をしないために

充電速度に関係するアンペアとは?

A(アンペア)とは、単純に電気の流れる量のことを言います。詳しい説明は省きますが、当然電気の流れる量が多くなれば充電が早くなるというのは感覚でわかるのではないでしょうか。

充電器には「○○V」「〇〇W」「〇〇A」なんていうのが書いていますが、この3つの値には下記の関係が成り立ちます。

V(ボルト)×A(アンペア)=W(ワット)

発売されているスマートフォン自体の電圧(V)はだいたい5Vとなっているようなので、W(ワット)の値を5で割ればA(アンペア)が算出できます。

USB充電器のA(アンペア)数を見てみる

みなさんは充電器を選ぶ時にはアンペアを見ていますか?

smartphone-charge-3

多分iPhoneを利用されている方の大半は、こちらのiPhoneの純正の充電器を使っているのではないでしょうか。こちらは出力が1Aとなっており、正直充電がかなり遅いです。だいたい80%くらいまで充電するのに3時間くらいかかる印象です。

僕はそんなに待てないので、普段はiPad用のこちらの充電器を使っています。

smartphone-charge-2

こちらの出力は2.1Aとなっていますね!これであれば単純な計算として、倍くらいの速度で充電ができます。ですので、80%充電するのに1~1.5時間くらいしかかかりませんね。

逆に、たまにですが、出力が純正品(iPhoneであれば1A)よりも低い充電器が販売されているのも事実です。そのようなアンペアの極端に低いものを利用した場合は充電が遅いばかりではなく充電できない可能性もあることを知っておいてください。

また、最近はスマートフォンでも急速充電対応のものが多くなっており、本来のUSB充電器のアンペアが低いと、その許容量以上の電流を無理やり流そうとしてしまい、発火などの危険性が高まります。

やっぱりあまり安すぎるのは考えものですね。。

コンセントに挿すタイプのUSB充電器のおすすめは別の記事でまとめていますので、ぜひ参考にして見てください!

本当に買いたい!USB充電器のおすすめ総まとめ

モバイルバッテリーにもアンペア表示がある!

充電器にはA(アンペア)数というものが必ずあります。Cheeroを見ると2.4Aの端子が付いていることがわかりますね。

cheero急速充電

「13400mAh」という記載がありますが、これは貯められる電気の量を示しています。13400ならiPhone5回分くらいですかね?

2.4A端子が付いているのは、基本的にはタブレットの充電のためとお考えください。でも、普通のスマートフォンもこちらの端子で充電ができます。というか、こっちの方が格段に充電が早い。

iPhoneなどについてくる充電器は5Wで1Aなのだそう。実際にどのくらいか数字を見るだけではわからないと思いますが、この充電機だと、だいたい一時間に35%くらいの速度で充電ができるようです。

ちょっと心もとないかな・・・しかし!先ほどご紹介したCheeroの2.4Aのポートを利用すると、原理上の計算だと

一時間で85%ほど充電できます!

まぁ、実際にはiPhoneは2.1Aまでしか対応していないので一時間で80%が限界らしいのですが。笑

でも、特に外で充電するときってそこまで充電の時間を長くは使えないことが多いのではないでしょうか。そんなときに1時間で35%と、80%ではかなりの差が出てくると思います。

ちゃんと充電器・モバイルバッテリーはいいものを選んでおきたいですね。安すぎるのは怖いですし・・・

失敗しない充電器・モバイルバッテリー選びをしましょう。

じゃあアンペアが高ければいいの?という話なのですが、単純にそういうわけでもない気がします。というのも、充電器関連って結構発火することが多いんですよね。だから、飛行機なんかだとモバイルバッテリーが持ち込み禁止のものもあります。

あまり安い、粗悪なメーカーのものを購入すると、いくら早く充電できてもスマートフォンがダメになってしまいます。そんなことがないように、おすすめをご紹介しますね!

ポータブル充電器(モバイルバッテリー)のおすすめ

ポータブル充電器でのおすすめは圧倒的にCheeroです!

今やモバイルバッテリーはAnkerかCheeroの2択になっていると思いますね。ポイントは何と言っても安い・大容量・急速充電可能ですね。以前の記事でもご紹介しました。

爆売れ・爆安!ポータブル充電器Cheeroがもう手放せない。

まぁ、自分が使っているからよりおすすめしやすいんですよねw

2年くらい酷使していますが、なんの不具合もありません。5回分のiPhone充電容量と、端子が二つ付いているので、友人に貸しながら自分のスマートフォンを充電したり、iPadと同時にiPhoneを充電したりできるのも大きなポイントです。

コンセント充電器のおすすめ

コンセント充電器は何かと最近高品質で安くて人気のAnkerから、

iPhoneならたった2時間で充電が完了するのが非常に嬉しい。Ankerの商品は僕も結構使っていて、この前も5ポート付いているAnkerの製品をレビューしました。

type-cコネクタもついて5つも繋げる!Ankerの急速充電ポート「PowerPort+ 5 USB-C」

Ankerは商品の高級感もあってすごく好きなんですよねぇ。ただ、Ankerは次々と新しい製品を出してくるので、そこは少し気になるところ。

あ、AnkerってGoogleの元社員が作った会社だって知っていました?

USBケーブルも忘れずに。

意外と軽視してしまいがちなのがUSBケーブルです。

「充電器は2AだからUSBケーブルは100円ショップでも急速充電やで!」

なんて言っているのは間違いです。USBケーブルがダメなら充電も遅いし、もはや充電できなくなったりします。それは困りますね。そんな時はしっかりと認証がついている信頼のケーブルをやはり人気のAnkerから。

ライトニングケーブルはこちら

しっかりと信頼の認証つきで、絡み防止・耐熱・高耐久と痒いところに手が届きます。色も長さも自由自在でなんか安いのがもったいないですね。

Androidの方はこちら

安いくせに金メッキです。金メッキは電導率が良いので、充電ももっと早くなる!・・・はずです。こちらも長さは自由自在。

ただ、本当にちゃんと急速充電できてるの?ってところがやっぱり一番心配なんじゃないでしょうか。そんな方は一目で充電の電力がわかるケーブルなんかも登場しちゃってます。

まだまだ知名度は低いですが、機能面を考えるとかなりおすすめですよ!

まとめ

充電器なんてなんでもいいやって思っている方。多くはいないかと思いますが、その考えはまちがっていると思います・・・というか、使ってみないとわかりませんよね、急速充電の良さは!

でもケーブルまで充電に関係してくるなんてしらなかったですよね。たしかにコストは大事ですが、そこにしっかりとパフォーマンスがついてこないとそれはコストのみ、つまり無駄金になってしまいます。

別の記事ですが、用途に合わせた形でスマートフォンの充電器のおすすめをまとめてみました!気になる方はこちらを見てみてくださいね!↓↓

【2017年版】USB充電器のおすすめ総まとめ | webledge

ちなみに僕が最近めっちゃおすすめしているのはROMOSSのリモワ風モバイルバッテリー。充電器にもなるしモバイルバッテリーとしても使えるやつで、これがめちゃくちゃ便利です!こちらもチェックしてみてくださいね!↓↓

AC内蔵で大容量!ROMOSSのリモワ風モバイルバッテリーをレビュー! | webledge

次回の記事は・・・?

iPhone Xが、欲しい。欲しいんです。
更新情報はSNSなどでチェックをお願いします!↓↓

 - iPhone系グッズ , , , , ,

PAGE TOP