スマートフォンの充電器はA(アンペア)を見ないと損!?

anker-5port-c-10

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

みなさん、スマートフォンの充電器はどのような基準で選んでいますか?可愛さ、小ささ、デザインなど、さまざまな基準があると思います。

ですが、僕が一番気にしているのは充電の性能。特に充電できる速度です。これって実はA(アンペア)の値が大きく関係しているのですが、意外と気にしている人がいないのが現状です。

たとえば、僕が最近のモバイルバッテリーで最も重宝しているROMOSSのモバイルバッテリーは2.1Aと出力が強いものとなっています。

このように出力の大きいアンペアのモバイルバッテリーで充電すると、スマートフォンの充電速度が一気に上がります。また、タブレットなんかでは充電に必要な電力が大きいため、そもそも出力の強いものでないと充電できないなんてこともあります。

ただ、アンペアが大きければそれでいいというものでもないのが難しいところ。せっかくなので、モバイルバッテリーでも損をしないような買い物をしましょう!

sponsored

スマートフォンの充電器で損をしないために

充電速度に関係するアンペアとは?

A(アンペア)とは、単純に電気の流れる量のことを言います。詳しい説明は省きますが、当然電気の流れる量が多くなれば充電が早くなるというのは感覚でわかるのではないでしょうか。

充電器には「○○V」「〇〇W」「〇〇A」なんていうのが書いていますが、この3つの値には下記の関係が成り立ちます。

電力の間に成り立つ関係

V(ボルト)×A(アンペア)=W(ワット)

発売されているスマートフォン自体の電圧(V)はだいたい5Vとなっているようなので、W(ワット)の値を5で割ればA(アンペア)が算出できます。もちろん逆もしかりで、アンペアの値さえわかればW(ワット)の値がわかります。

実際にUSB充電器のA(アンペア)数を見てみる

さて、では自分の持っている充電器のアンペア数はどのようになっているのでしょうか。

smartphone-charge-3

多分iPhoneを利用されている方の大半は、こちらのiPhoneの純正の充電器を使っているのではないでしょうか。こちらは出力が1Aとなっております。先ほど言ったとおり、電圧(V)は5Vでほぼ統一されているので、電力は5Wとなります。

じゃあこの5Wという電力でスマートフォンを充電するとどのくらい時間がかかるの!?という話なのですが、正直に言うと0%→80%くらいまで充電するのに3時間くらいかかるくらいになります。

この3時間という時間を速いと捉えるか遅いと捉えるかは人によって様々ではありますが、僕はかなり遅いと感じています。

 

次に、iPad用のこちらの充電器を見てみましょう。

smartphone-charge-2

こちらの出力は2.1Aとなっています。先ほどから言っている通り、電圧は5Vとなっているので、電力は10.5W。先ほどのiPhoneの純正の充電器の電力の倍くらいありますね。

この電力・電流がそのまま充電速度に比例してくれるので、単純な計算として、倍くらいの速度で充電ができます。つまり、80%充電するのに1~1.5時間くらい。これなら実際に充電速度が速いと実感できるのではないでしょうか。

逆に、たまにですが、出力が純正品(iPhoneであれば1A)よりも低い充電器が販売されているのも事実です。そのようなアンペアの極端に低いものを利用した場合は充電が遅いばかりではなく、そもそも充電できない可能性もあることを知っておいてください。

 

また、最近はスマートフォンでも急速充電対応のものが多くなっており、本来のUSB充電器のアンペアが低いと、スマートフォン側が速く充電しようと、充電器の許容量以上の電流を無理やり流そうとしてしまい、発火などの危険性が高まります。

やっぱりあまり安すぎるのは考えものですね。。

 

コンセントに挿すタイプのUSB充電器のおすすめは別の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

次のページ以降ではモバイルバッテリーの電力についてご説明します!

> 続きを読む 

webledgeのLine@登録

sponsored

-iPhone系グッズ
-, , , , ,