安いライトニングケーブルのおすすめと、その選び方についてもご紹介!

ライトニングケーブルのおすすめ

いまだにUSB-Cに変更せずライトニング規格のままとなっているiPhone。他のデバイスではライトニングの規格は使われていないため、別途ライトニングケーブルを購入する必要があります。

安いものから高いものまで、様々な種類のライトニングケーブルがありますが、安すぎるのはちょっと気になる。だからと言って純正はちょっと高いし…

と、悩んでいる人に向けて、今回は比較的安いライトニングケーブルのおすすめについてご紹介します。

sponsored

おすすめライトニングケーブルの選び方

まずは個人的なおすすめのライトニングケーブルをご紹介する前に、ケーブルの選び方についてご紹介したいと思います。

認証されていない激安製品は注意

ライトニングケーブルの相場は約2,000円ほど。

昔のiPhone用のケーブルやアンドロイド用のケーブルが100円ショップ等で売っていた事も考えると非常に高価なもののように感じます。

Amazonやメルカリなどを調べると、100円くらいの激安ライトニングケーブルもあるにはあります。

…が、その性能はひどいもので、とてもじゃないけど使い物にならないものばかり。試しに300円もしない程度の金額で販売されている、Hanya Tech製のライトニングケーブルですが、こちらは購入してみたところ、約2日でダメになってしまいました。

これではいくらあっても足りません。他にも似たような価格のものはたくさんありますが、ほとんど使い物にならない物ばかりと考えておいた方が良いでしょう。

充電時間に関わるA数を確認する

スマートフォン(iPhone)を充電する時、短時間で多くの充電を確保するためにはA(アンペア)というものが重要になります。

アンペアについて、詳しくは下記の記事で解説しています。

 

モバイルバッテリーをはじめとしたUSB充電器は、だいたい出力が1~2.4Aとなっています。

モバイルバッテリーの出力を存分に利用するためにも、ライトニングケーブルは必ず2.4A出力に対応した商品を購入するようにしましょう。

出力に対応仕切れていないケーブルを使用している場合、充電速度が遅くなるだけではなく、最悪の場合にはハッカの恐れもあります。

ぜひ購入の際は、出力値(アンペア)も意識して検討してみてください。

MFI認証を受けているものがおすすめ

下手なケーブルを買うとiPhoneで

「このアクセサリは使用できません」

という警告が出る場合があります。それはケーブル(もしくはモバイルバッテリーなど)がAppleに認められていないから。Appleに認めらていない製品は基本的に使えないようにプロテクトがされてしまっています。

そこで見た方が良いのが「MFI認証」。

“MFi”とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」のこと。

「これはPhoneやiPadなどのApple製品向けに作られた製品ですよ」

という意味を示しています。この認証があれば、Apple が定める性能基準を満たしているということ。すなわちしっかりと動作が保証されている製品ということになります。

長期で利用することを考えて、MFI認証についてはしっかりと付属しているものを購入するようにしましょう。

価格も安心なライトニングケーブルのおすすめ総まとめ

ここからは、実際におすすめしたいライトニングケーブルをまとめていきます。

おすすめライトニングケーブルその1:Amazon basic ライトニングケーブル

まず一つ目は、Amazon basicのライトニングケーブル。Amazonのプライベートブランドのものということで価格も1,000円を切り、かなり安い。もちろんMFI認証済み。

10,000回の95度曲げ強度試験にも合格するほどの強度が保証されていて、Amazon自体の保証も2年間あるので安心感も上々。

長さも1m,1.8m,3mの3種類あるので、好きなものを選ぶことができます。大抵は1mあれば十分かと思いますが!

Amazonベーシック iPhone/iPad用ライトニングUSB Aケーブル アドバンスコレクション Apple MFi認証済み 1m(3フィート)1本 白
Amazonベーシック(AmazonBasics)

おすすめライトニングケーブルその2:Anker プレミアムライトニングUSBケーブル

その次はAnkerのケーブル。モバイルバッテリーを中心とした商品を展開するAnkerのものだけあって、超人気。大抵の人はAnkerのケーブルを使っているのではないでしょうか。

人気の理由は1,000円以下という価格と、安心感。

長さも0.9m,1.8m,3mの3種類あり、保証は18ヶ月。欠点の見つからないライトニングケーブルです。

おすすめライトニングケーブルその3:LOE 2in1 ライトニングUSBケーブル

3つ目はLOEのライトニングケーブル。

iPhoneを持っている方の多くはモバイルバッテリーやワイヤレスヘッドホンなど、別のデバイスも持ち歩くことは多いのではないでしょうか。

このLOEのケーブルは一本でライトニングケーブルとMicro USBケーブルの2つの役割を担ってくれるので余計な荷物が増える心配がありません。これ一本で大丈夫。

価格も1,000円程度と安いので、ケーブルを何本も持ち歩きたくない方におすすめしたいライトニングケーブルです。

sponsored

まとめ

日本ではiPhoneのシェアがやはり、急速に高まっており、それと同時にライトニングケーブルの販売数も大幅に増えています。しかもなかなか壊れにくいものに出会えない・・・なんども買ってしまう・・・そんな方は大勢います。僕もその中の一人でした。

結構ネット上では他のライトニングケーブルの善し悪しが伝えられていますが、コストパフォーマンスを考えると、今回ご紹介したOMAKERのライトニングケーブルが一番だと確信しています。

みなさんも、だまされたと思って、お一ついかがでしょうか。

-スマートフォン・タブレット
-,