iPad Pro 11インチが届きました。買った理由や簡単なレビューなど

ついに買ってしまった11インチiPad Pro

ついに、買ってしまった。

Appleから発表があったのは10月末。今持っているMacBook Pro 13インチを卒業したいという気持ちから12インチMacBookを待ち望んでいました。

しかし発表されたのは何とMacBook Air。

2018年MacBook Airと12インチMacBookを比較!価格とスペックを考えたら、どちらが良い?」という記事でも書いたのですが、僕にとってはなんとも悩ましいPCでした。

そんな悩ましいMacBook Airとともに発売されたのが新しいiPad Pro。

発表されたときは「iPadは使わないだろうなぁ…」とか思っていたはずが、その2週間後には手元に来る羽目に。

今回は、この11インチ iPad Proを買ったその理由や実際使ってみたファーストインプレッションなどを書いてみたいと思います。

手元に届いた、11インチ iPad Pro

11インチiPad Proのホーム画面

こちらが11インチ iPad Pro(Wi-Fi + Cellularモデル)。思ったよりも画面が広く、思ったよりも軽くてコンパクトなデバイス。

2018年のモデルからホームボタンなどが廃止され、iPhone Xのようなシンプルな見た目になりました。以前からホームボタンは壊れやすくて気になっていたので、機能的にもこちらのほうが好みです。

コネクタはUSB-Cになった

コネクタはついにLightningケーブルからUSB-Cにアップデートされました。これでカメラなどとも充電ケーブルの共有ができる。

また、ミラーレス一眼(僕が持っているのはSONY α7III)と直接ケーブルにつなぐことで写真をiPadに直接送れるようになったのもうれしいポイント。

11インチ iPad Proを買った理由

11インチiPad Proとキーボードの組み合わせ

急にほしくなってしまって買ったiPad Pro 11インチですが、短い期間で頭を悩ませ、ちゃんと自分に納得できる理由をつけて購入しました。

旅先でのブログ執筆用

旅先でのブログ執筆に使えるiPad Pro

今回の11インチ iPad Proの購入理由第一位は“旅先でのブログ執筆問題”

そもそもMacBook Proを12インチMacBookに変更しようとしていたのも、旅先に持っている荷物を極力軽くしようとしてのこと。

重い処理は自宅の自作デスクトップPCで行うとして、持ち運び用のPC(orタブレット)では

  • ブログの執筆・アップロード
  • 写真の編集・加工

の2つができれば概ね問題なさそう。

ENHANCE(エンハンス)DRESS CODE.(ドレスコード)なんかを見ているとiPadでかなり効率的にこの2つを行っているようなので、見ているとだんだんとできるような気分になってきます。

重さの比較 MacBook Pro MacBook 12インチ iPad Pro 12.9インチ iPad Pro 11インチ
総重量 1370kg 920g 1039g 764g

重さ(iPadはSmart Keyboard Folio込み)を比較してみると、当然ながら11インチ iPad Proが圧倒的に最軽量。

これで本当にブログが書ければ儲けものだという気持ちが、購入理由の一つになりました。

Apple Pencilの存在

上にくっつくようになったApple Pencil

もう一つ気になっていたのがApple Pencilの存在。

最近図解・グラフィックレコードなどがTwitterで流行っているのですが、あれかっこいいですよね。僕にはあまりセンスとかないのですが、できるように練習してみたいなぁと感じています。

そもそも普段からブログで画像に文字を書き込みたいと感じる瞬間は多く、そういうときにサクっと文字を追加してアップロードできるのはiPadの強みなのではと。

タブレット市場の未来を見据えて

3つめの理由はこれからを見据えて。

最近はPhotoshopだけではなくPremiere ProやAfter Effectsなど、Adobe製品に触れることが多いのですが、そのAdobeがタブレット市場に乗り気なんですよね。

2019年にはPhotoshopのフル機能版をタブレット用にリリースすると発表しています。

これからタブレットを使うことが多くなっていくのであれば、早めにiPadで慣れておきたい。いち早く新しいソフトを使えるようになっておきたい。

3つめは、そんな攻めの理由です。

sponsored

11インチ iPad Proのファーストインプレッション

ついに買ってしまった11インチiPad Pro

11インチiPad Proが手元に来てから約2週間程度。まだまだ使いこなしているとは言い切れませんが、使ってみると昔のタブレットとは違う、パワフルさを感じます。

ベッドの上から地球の裏まで、常に持ち運べるサイズ

手軽に持ち運べるサイズ感

想定通り、サイズ感は非常に良い。

特にキーボード無しの薄さと軽さは、絶妙なバランスで非常に好みです。ベッドで漫画を読むのもいいし、電車で本を読みふけるのも良い。

 

先日の海外旅行の際にも、飛行機の中でダウンロードした動画コンテンツをすぐに再生できて助かりました。

小さなメッセンジャーバッグでも容易に入るこのサイズと、肩に負担がかからないこの重さは驚異的に感じています。

動作が非常にサクサク

実は今回11インチiPad Proを購入する前にも一つだけ、iPadを持っていました。iPad Air(初代)を。

当たり前かもしれませんが、反応速度が全然違う。11インチはまさに“指に吸い付くように”画面が動作します。このサクサク感はびっくり。

僕の感覚ではiPhone Xなどよりも反応は良く感じます。

LightroomによるRAW現像もGood

Lightroomもサクサク

驚いたのはLightroomでのRAW現像。

MacBook Proでも時たま重いRAW現像ですが、11インチ iPad Proではサクサクなのです。

もちろんまだまだ写真の読み込みが少ないので単純な比較はできないかと思うのですが、今のところは十分以上。

当日撮った写真を自分なりに加工してSNSへ…くらいであればPCよりも楽にできてしまいそうです。

Apple Pencilがあるぶん、範囲選択なんかもやりやすい気がするのですが、これは僕だけかな?

iPad Proは、もうほとんどPCだ

もはやPCとなった11インチiPad Pro

触ってみた感じ、もはやスペックはPCとほぼ同じくらいに感じます。

アプリケーションも充実しており、PCでしかできないこともだんだんと減っていって、しまいには本当にノートPCと同じことができる未来がもうすぐそこまで来ているのを。

少なくとも今のところ、自分の用途では不便を感じていません。

PCからiPadに完全移行するのも、そんなに遠くはない未来だなぁ…

-スマートフォン・タブレット
-

関連記事

sponsored