web知識・Mac・iPhone・カメラなど、ガジェットのレビューなども交えて情報発信するブログ

ダイソンのコードレス掃除機を実際に使ってみて気づいた。良いところ、悪いところ

      2016/12/31

dyson-review-main

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

さて、今回はダイソンのコードレス掃除機、実際に使ってみて半年以上経っています。今思うと、これがあるのとないのとじゃ生活がかなり変わっていると思います。以前もダイソンの掃除機をレビューしてみましたが、やはり毎日使ってますもん。

参考:ダイソンのコードレス掃除機を実際に使ってみて気づいた。良いところ、悪いところ

でも、もちろん僕だけの偏見で「良い」とばかり言ってしまっても仕方がないので良いところ、悪いところをざっくばらんにご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

様々な種類のあるダイソンのコードレス掃除機

そうそう、いろいろ種類があるけど、実際にどのようなところが違うの?ということを毎回思っています。僕の持っているのはDC61という少し古いモデル。DC62とかの新しいモデルも出ているので、これは結構ふるい方なのかもしれません。

最新機種はV8というやつで、今年、2016年の5月に発売されています。

正直、古いモデルかもしれませんがDC61でも十分吸引力は高く、一人暮らしの家では十分くらい役にたちます。フル充電しておくと駆動時間は20分程度ですが、これでも十分。最初は20分ときいてかなり短い印象だったのですが、実際に使ってみると結構長いですよ。

じゃあ最新機種と何が違うんだろう。公式サイトに載っている製品特徴を見てみましょう!

dyson-campaign-3

最新版では課題だった騒音についてもだいぶ解消されているみたいですね。あとは排気のクリーンさ。一般家庭の方のためにアップグレードを行っているみたいです。あとは充電も40分持つようになっているので、家族の家をくまなく掃除するのにも十分な電池の持ちようです。

実際に利用するとDC61と比較してもモーターヘッドが変わっているので掃除のしやすさとかはかなり向上しているのかもしれませんね。特にカーペットやフローリングなどは良くなっているはず。

ダイソンのコードレス掃除機の良いところ悪いところ

実際に使ってわかった良いところ。

とりあえず、実際に利用している僕が感じている良いところをざっとあげていきます。僕が特に感じるのは下記の4つ。

  • 吸引力が強い上に落ちない
  • 3種類のヘッドが嬉しい
  • ゴミが捨てやすい
  • 軽くて場所もとらない

こんな感じかな。悪い部分と比較して考えてみるとやはり良い部分の方が多いような印象です。

以前の記事「dyson(ダイソン)のコードレス掃除機レビュー。掃除機の常識が変わります。」でもご紹介したように、やはり他の掃除機とは手軽さが全然違うのでかなり掃除をする頻度が増えました。しかも場所を取らないのが嬉しい。。高さもそこまでないので、少し大きめの引き出しになら入りそうです。まぁ僕は入れていませんが・・・

何より最近は掃除が楽しい。

充電も思ったよりも全然もつので僕は気になりませんし、買ったことに対してはかなり満足しています。排気も結構綺麗に感じるので、通常の掃除機とは違って排気が自分に当たっても嫌な気分になりません。笑

 

あ、そうそう、やっぱり軽いのは嬉しいです。コードのある掃除機だとちょっと押入れから出すのに億劫だったりするのですが、それを感じないのがすごくいい。とにかくやっぱり掃除する機会が増えるというのが大きく嬉しいポイントですね。

実際に使ってわかった悪いところ。

「悪い」というとちょっと極端な話になってしまうかもしれませんが、なんとなく気になる部分。

  • 掃除の時の音の大きさ
  • 排気の強さ
  • コンセント(充電器)をつなぎながら掃除はできない

掃除の音の大きさはV8などではもう改善されているので、僕の古いモデル限定の話でしょうね。排気の勢いが少し強すぎるかな〜と思っていますが、これもあまり実質的に不便な部分は少ないかも。ただ、ほこりがたまっているところで掃除をすると排気でほこりが舞ってしまうこともあるので少し残念。

個人的に一番気になった部分が充電器をつなぎながらの掃除はできないというところ。

なので充電が切れてしまったら最低でも1分くらいは待たないとピクリとも動きません。これは充電式のコードレス掃除機としては回避できないらしいのです。なのでdyson V8などの最新機種でも同じ状況。

僕だけの話かもしれませんが、掃除機が軽くてちょっとの労力で掃除できるし、さらに20分とはいえど、一人暮らしには十分すぎるくらい電池がもつのでついつい充電を忘れてしまうんですよね・・・

そうすると掃除したい時に

ふいいぃぃぃぃ・・

となんか弱っちい音が。しかも充電しながらは駆動できないので、定期的に充電しておくことが必要ですね。

まとめ:それでもやっぱりダイソンが好き

最近は日本のメーカーもかなりユニークなコードレス掃除機を発売しているみたい。いろんな形状、いろんな機能でそれぞれ特徴的なものが出ていますが、それでもやっぱりダイソンが好き。

なんか友人にも「あれ、ダイソン使ってんじゃん!」って言われたいもん。笑 それに、ダイソンというブランドの感覚が僕を掃除させる気にさせます。

もちろんそれだけじゃなくて、吸引力とか、ゴミの捨てやすさとか、とにかく色々機能はあるのに全て簡単に利用できるのが素敵。場所も取らないし、掃除が格段に楽になりました。

悪いところもいってきましたが、強いて言えばの部分が多かったので、そこで買うのをためらう方は少ないんじゃないかな。正直排気も強いですが、綺麗な感じはしますし、僕はそこまでデメリットに感じていません。

やっぱり掃除機はダイソンですね〜

 - 家具・家電 , , , , ,

PAGE TOP