タイへの足取りをさらに軽く。新LCC「ノックスクート」を使ってタイへ。

先日、ふらっとタイに行ってきました。

ふらっと、タイに来ちゃいました」という記事でも書いた通り、何か目的があったというわけではなく、ふらっと。

今までいった海外旅行はヴェネチアなどを周ったイタリア旅行iliを持って向かった韓国旅行の2回。今回のタイ旅行で3度目となります。

初めて足を踏み入れた時には怖くて仕方なかった海外も少しは慣れてきて、もっと様々なところにいってみたいと感じてはいるものの、いかんせんきっかけがない。

そんなことを思っていたのですが、今回ありがたいことにタイ拠点のLCC「NokScoot(ノックスクート)」さんからお声がけをいただき、タイへの旅行が実現することとなりました。

sponsored

2018年に就航した新LCC「NokScoot(ノックスクート)」

成田空港の出発ゲート

「NokScoot(ノックスクート)」はシンガポール・チャンギ国際空港を拠点に運航しているスクートとタイの航空会社ノックエアとの合併会社。2018年の6月に成田空港に就航したばかりの新LCCです。

今回はその就航に伴って航空券のサポートをいただき、タイに来ることができました。

ノックスクートではタイへの航空券を片道8,900円から購入でき、繁忙期でも3万円程度という低価格で提供しています。金額としては、下手すると国内旅行とさほど変わらない金額で海外へ行けます。

現在の運行スケジュールは現地時刻で下記のとおりとなっています。

  • XW101便 成田13:55発 バンコク(ドンムアン)18:25着
  • XW102便 バンコク(ドンムアン)02:20発 成田10:25着

大きく、可愛らしい機体

遠くから見てもわかるノックスクートの機体

多くのLCCがコンパクトな飛行機を使用している中、ノックスクートでは比較的大型の機体が採用されています。大きい機体のためか、飛行機での揺れなどは普段より小さいように感じました。

機体に描かれているのはかわいらしい黄色い鳥。タイ語で鳥のことを「ノック」と言うそうで、社名の一部ともなっています。

印象的な黄色い機体は遠くから見ても

「あの可愛らしい飛行機だよね?」

とパッと見てわかります。こういう愛らしさがあると、旅行への足取りも少し軽くなりますね…!

sponsored

機内飲食のサービスが充実

機内食は48時間前までであれば事前に予約することもできるようですが、今回は予約なしで搭乗。出発後はほどなくして予約した人への食事の配膳が始まるのですが、香りにつられてお腹がすいてきてしまいます…

Nokscootの機内サービス

ありがたいことに、ノックスクートは機内飲食のサービスが充実しています。

ノックスクートのドリンクメニュー

ソフトドリンクからアルコール類まで充実したドリンク類に

ノックスクートの食事メニュー

食事類まで。ガッツリと炭水化物を行くもよし、小腹をおさめるためにお菓子などを買うのもよしです。

注文の際は現金で。お釣りがタイバーツになってしまうものの、日本円での支払いもできます。

頼んだクリーンティー

ドリンクを頼んだ際には氷とコップなどもセットでもらえます。

余談ですが、タイのグリーンティーはシロップが入っているんですね…!飲んでみたら甘くてびっくりしました。

食事を楽しんだら各々の時間へ

Nokskoot 13

お菓子やドリンクを頼んだら、あとは各々の自由時間。ポリポリとお菓子をつまみながら漫画を読んだり、ダウンロードした映画を見たりして過ごします。

ちなみに機内ではWiFiなどが通じないので、NetflixAmazonプライムビデオであらかじめ気に入った映画などはダウンロードしておくのがおすすめ。

海外ではコンテンツがダウンロードできないことが多いので、帰りの分も日本でダウンロードしてから行くと、機内でも暇になりません。

機内は少し寒いので、羽織ものを持ち込むのがおすすめ

これは現地の方に聞いた話なのですが、タイでは冷房を効かせて室内を冷やすことがお客さんをもてなすことにつながるのだとか。なので現地のホテルやレストランでは冷房の効いている場所が多いです。

これはノックスクートにも反映されていて、機内は冷房が強めに効いています。

現地が暑いからといって薄着で臨むと後悔することになるので、搭乗する際には何か羽織ものを持ち込むのがおすすめです。

タイへのハードルが少し下がる

nokscoot

人生初のタイ。

飛行機を使ってきてみると、案外するっと来れてしまうことに気がつきます。飛行機は片道9時間程度と比較的短めなので、先ほどのように映画などを見て楽しむもよし、体力を温存するために睡眠に徹するもよし。

値段も2~3万円程度で行けてしまうのであれば、ちょっとした連休でふらっと行くのもありかも、と思ってしまいます。

今回は平日を使った4日ほどの旅。たくさんの場所に行ってたくさんの写真を撮ってきたので、これから記事でもご紹介していこうと思います。

ノックスクートの予約はこちら

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 人生初のタイ。感動が多すぎてどれから記事にすればいいかわからない…!
webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-旅ログ
-