【愛媛 道後温泉】ふわっふわ。本物の江戸前うなぎをいただける「うなぎ 小椋」

大盛りのうな重

ふわっふわ。本物の江戸前うなぎをいただける「うなぎ 小椋」

旅行の楽しみの一つは確実に食事である。旅行での食事にクオリティを求めるのは普遍的ともいえるべきことで、ないがしろでいいという方は多くないはず。

旅館なら夕食が楽しみになるところですが、ホテルで宿泊する場合は夕食を外で食べることになる。あらかじめお店を決めていたのであれば問題はないかもしれませんが、行き当たりばったりで探してみるとなかなか見つからないんですよね、これが。

うんうんと悩んでいたときにふわっと漂ってきたのが蒲焼のタレの香り。それまで悩んでいた自分はどこへ行ったのやら、一気に脳内はうなぎの気分になり、気が付いたらふわっふわのうなぎをいただいていました。

sponsored

本物の江戸前うなぎをいただける「うなぎ 小椋」

小椋のメイン画像

今回寄ったのは愛媛県松山市の道後にある「うなぎ 小椋」というお店。たたずまいからして「高そう…」と思いましたが、せっかく旅行に来たなら少し奮発してでもおいしいものを食べておきたい。

普段はうなぎなんて食べる機会はそうそうないはず。だったら旅行でちょっと特別な夕食をいただいてもいいよね…!

さっそくうな重を注文

この小椋では「うな重」の他に「あぶり牛」という名前からしてなんとも美味しそうなメニューがあります。

それぞれ量に応じて”木”,”上林”,”特森”,”天山”という4種類が用意されています。価格は時期によって多少変動するかもしれませんが、僕の時は1,850円からとなっていました。少しリッチではありますが、ここまできたら我慢できない。まずはうな重の上林を注文。

大盛りのうな重

てりってり!!!!

一見して分厚いのがわかります。食べてないけどもう美味しい。食べるともちろん美味しい。

ふわっふわが口の中で暴れまわります。甘めのたれがめちゃくちゃ合う。東京で食べるやすいうなぎの蒲焼きはちょっと焼きすぎて焦げた部分が苦かった経験があるのですが、そんなものは本物のうな重にはありません。表も裏も中も外も全部うまい。

Mnagi ogura 1

山椒や追加のタレもありますので、こちらはご自由に。

あぶり牛重もうまそうなので注文したった

「あぶり牛重」というメニューも名前にパワーがありすぎてつい注文してしまいました。こちらは一番安い”木”で注文。価格は先ほどのうな重と同じです。

あぶり肉重

はいこちら!”木”だとお肉が60gしか乗ってこないということだったのですが、なんか見た目それ以上ありそうな感じに見えますね。赤身の部分が微妙にレアなのがまた僕の食欲をそそります…!

あぶり牛重を食べるけーすけ

もちろん食べるとめっちゃ美味しい。

塩加減もいい感じで、専用のタレかなんかに漬け込んでいるのかな?うな重とはまた違い、本当に美味しい。香ばしさとパンチで言えばうな重よりも満足度は高いかもしれません。

次は焼きおにぎりも食べたい。

今回行った「うなぎ 小椋」は道後温泉の店舗ですが、同じ愛媛県松山市内の大街道というところにももう一店舗あります。

後ほど口コミで「美味しい焼きおにぎりが100円で楽しめる!」というのを発見したのですが、これは大街道のお店だけなのかな…??次に行った時は焼きおにぎりも堪能したいですな〜

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 愛媛県旅行の記事ままだまだ続くよん

愛媛県旅行1日目の様子は「ぽけっとすぱいす」で

今回行った愛媛県旅行の1日目の様子はぽけっとすぱいすにて記事にされています!よかったらこちらの記事もみていってね〜

みかんの国愛媛県1泊2日の旅 日中のおすすめコース | ぽけっとすぱいす

webledgeのLine@登録

sponsored

-旅ログ
-, , ,