もう少し気軽に記事を書いていきたい | 深夜1時のモノクローム

ブログを初めてもうすぐ4年。我ながら長い期間続けてきたなと思っています。

もともと理系の僕にとって大の苦手だった「文章を書く」ということでまさか今を生きているとは。

4年もやっているとなるともはや「ブロガー初心者」とは言えないわけで、それゆえに記事に手を抜けない自分が今います。

でもこの状況、ちょっと最初の目的からずれているような気がしていて、このままじゃ良くないと感じています。

sponsored

そもそも読者に届かなきゃ意味がない

PVが欲しいとか人気になりたいとか、そういうことも考えた時もあります。もちろん、今だってそういう気持ちもないわけじゃない。

でも、もともとなんでブログを始めたかというと情報と届けたいからなんです。知りたい情報を調べた時に検索で出てこなかった経験があって、それを解決したかった。

知りたい時に知れる情報を置く、というのがそもそものブログを始めたきっかけだったはず。

それがいつからかちょっと自分の中でハードルが上がって欲張りになって、自分が見せたい渾身の記事を書いて公開する、そういうブログになってしまっているような気がします。

 

記事を公開すると大体1~2日で500人くらいの人が読んでくれる。少しシェアしてくれたら1,000人、いやそれ以上の人が読んでくれる。

めちゃくちゃ幸せな環境だと思っています。

でもこの状況って、僕のブログを始めたきっかけである「知りたい情報を調べたら出てくる」ということを解決できる状態にはなってないなぁと感じているのです。

もう少し、細かく気軽に記事を書いていきたい

ということで色々悩みながら今後どうしていこうかと考えてみました。

結果的にいうと、もう少し細かい記事を気軽に書いていくのが良いのかなと。

例えば今ではカメラの記事があったらカメラのレビューだけで終わってしまっているところを、動画性能だけにフォーカスしたり値段だけにフォーカスしたり。

こうすれば僕の当初の目的に少しだけ近づく可能性があります。僕だって知りたいですもん。どのカメラが一番軽いのかとか。

sponsored

ブログって、色々考えるよね

なにが正解とかわからない。でもとりあえず思いついたらやってみる。ブログの世界ってとりあえずやったもん勝ちだと思っています。

もちろん今回の方向性が間違っていたらまた方向転換するかもしれないんですけど、個人のブログなのでそういう運営の方法も良いのかなぁと。

ただ、唯一変えない部分は、あくまで「見てくれる人のため」という部分だけ。

これだけ変えずに、微妙なチューニングをしながらブログを運営していきたいなぁと思っています。

あ、もちろん、渾身のレビュー記事とかもこれから減らしていくわけではないです。調べた人にも届く記事を書きたいというだけ。

うーん、今日はなんだか、文章がまとまらない日かもしれない…

そう感じた夜中の1時でした。

webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-日常
-