「始めるまでが大変」を克服するために | 深夜1時のモノクローム

続けるって大変だ。

記事を書き続けるのも動画を公開し続けるのも、並の努力じゃどうにもなるもんじゃない。僕だって何度

「毎日更新をしよう…!」

と思ったことか。結局毎日更新と言いながら、2日に一回くらいのペースになってしまっています。参ったもんだ。

でもどうにかあがきたい。毎日じゃなくて2~3日に一回で十分だろ、と思った瞬間に負けだと思っているので、どうにかできる道をみつけたいのです。

そこでとりあえず、なんで「続ける」ができないのかを自分で探ってみることにしました。

sponsored

原因は「始める」ことなのではないか

色々考えてみたわけです。記事を書くのも動画を作るのも嫌いじゃなく、むしろ好きな方。だったらできるじゃないかと思うのですが、結果としてなんでできないのでしょうか。

なんとなくこんなことを考えていた先日の草津旅行への道中、こんな話が出ました。

「記事はまだしも、動画って編集を始めるまでが大変だよね」

あぁ、これだわ、と。そういえば考えてみると、記事が書けないのも

「なんとなく筆が進まない」

ではなく

「何を書こうか迷う」

で止まってしまうからでした。いまこの記事見てくれている人、そういう経験ない?始めてしまえばなんてことないのに始める前に日が暮れてしまうみたいな。

これ、完全に僕です。この原因、すぐさま克服しなくては。

前日の準備、というかもはやフライングで手を打つ

そこで決めたのが、

「前日にフライングでスタートする」

ということ。動画ならまず素材は前日までに撮影して、編集ソフトに放り込む。記事ならタイトル・見出しまで考えて放り込む。これだけ。

実は少し前からこの習慣を始めているのですが、この方法がなかなかはかどっていて良い。おかげで最近は記事も動画もペースが上がってきている気がします。

まだまだ毎日更新とまではいきませんが、足掻く方法はちょっと見つかった気がする。

sponsored

試しに続けてみようかと

しばらくはこの方法を使ってどんどんコンテンツを上げていきたい。

思いの外つらくないどころか程よい達成感もあるので、もし同じような状況に陥っている人がいるなら試しにやってみてほしいなぁと思っている次第。

こんな日常の気づきが、誰かにも当てはまると嬉しいなぁ、と。

そう感じた夜中の1時でした。

webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-日常
-