輝くヒラメ漬け丼。青森 八戸にの「みなと食堂」で世界最高峰の海鮮丼を

みなと食堂のメイン画像

先日行った青森旅行。

4日間もあったのに、”ザ・青森!”というようなお店にはほとんど行けませんでした。みんなといる時間が楽しすぎて、食事処を探す時間があまりなかったのも、敗因の一つ。

さすがに一つも青森のグルメを食べないのはまずいということで、唯一足を伸ばして行ったのが八戸にある「みなと食堂」という海鮮丼のお店。

sponsored

青森 八戸にある最高の海鮮丼屋「みなと食堂」

みなと食堂の外観

八戸駅から車で30分。電車だと陸奥湊駅から徒歩2~3分のところに青森 八戸の名店「みなと食堂」はあります。

青森内のお店の中でも1,2を争う人気店。平日のお昼時に伺ったのですが既に満席、というか中で人が待っているような状況でした。それでも遠路はるばる来たので諦めるわけにはいきません。

みなと食堂のメニュー

みなと食堂のメニューを眺めながら、順番を待ちます。

定番の「ヒラメ漬け丼」だけじゃない、豊富なメニュー

みなと食堂のメニュー

少し待っていると行列が進み、店内に入ることができました。

外の看板に書いてあるメニューくらいしかないのかと思っていましたが、店内カウンターの上には全然違うメニューがギッシリ。

日によってメニューが変わるのかもしれませんが、本日のメニューでは

  • 生ウニホタテ丼(4500円)
  • ザ漬丼平目(1300円)
  • 漁師の漬丼(1850円)
  • 今日の四合せ丼(1500円)
  • ネギトロ丼ホタテ入(1500円)

などが見えます。丼の他にもトッピングや汁物を好みに応じて追加していくスタイルのよう。生ウニホタテ丼とか食べたいけど…4500円は流石に高いか…?

みなと食堂のメニューを撮影するみんな

店内のメニューに圧倒されてついついシャッターを切ってしまいます。

sponsored

ヒラメ漬け丼と、漁師の漬け丼と

写真を撮っているといつの間にか席が空き、テーブルに案内されました。あらかじめ頼んでおいた丼がテーブルに運ばれてくるまでもそう時間はかかりません。

ネギトロ丼ホタテ入の写真

まず運ばれてきたのはネギトロ丼ホタテ入(1500円)。ネギトロ丼というかもうマグロの切り落としって感じの丼。真ん中にドンッ!と乗っているホタテが印象的です。

漁師の漬け丼の写真

それと、漁師の漬け丼(1850円)。これはやばい、海鮮丼が輝いてる。

卵を混ぜる、漁師の漬け丼

漁師の漬け丼は上の卵黄を崩していただくのですが、半端なく美味しい。

「海鮮丼に卵!?」

とか思っていたのですが、ほんのり甘みのあるガーリック風味の漬けダレが卵と最高に合っています。卵も多分濃厚なものを使っているみたいで、それ自体にも甘みを感じます。

タレは濃すぎず、しつこくなりすぎず。すっきりと食べられるのに口の中で旨味のパンチが炸裂します。

うまそうな顔をするけーすけ

うまそうな顔をする堀口

最高に美味い。

ヒラメ漬け丼

そしてきたのが、定番。これがメインであり至高。ヒラメ漬け丼(せんべい汁とのセットで1300円)。

美しく整頓されたヒラメがタレで黄金色に輝いています。その上に置かれた、美しい卵黄。

一口食べると、これが定番という理由がわかります。タレと卵黄、そしてさっぱりしたヒラメが強烈に相性が良い。ヒラメだけだと飽きるかと思っていたのですが、どうやら飽きる気配は一つも感じません。

多分これ、東京では作れない代物なんだと思います。タレのガーリックも卵黄の濃厚さも、ヒラメの底にあるコクも、東京で食べたそれとは全く味が違います。なんでこんなに美味いのか。

汁ものも最高に美味しい

一緒に来たせいべい汁

一息つくときにはせんべい汁(単品400円)を。せんべい汁とは、せんべいを汁に入れてぐしゃぐしゃにして食べる、さっぱりとした青森県八戸市周辺の郷土料理です。

しみしみになったせんべいが汁の旨味を吸い取っていて、ハフハフしながら食べるのがこれまた最高。

 

その他汁物として「いちご煮(800円)」という、ウニのお吸い物をいただいたのですがこれ、やばい。なんで写真を撮ってないのかわかりませんが、味に感動して撮れなかったとかかな…

中のウニからしみ出す磯のうまみと、刻んで入れられている大葉の香りが口の中でフュージョンした初めての味。お吸い物でここまで美味しいものは食べたことがない。

少し高価な汁物ですが、これはいただくべき汁物でした。

100回食べて100回うまい海鮮丼

100回食べて、100回うまい海鮮丼

「100回食べて100回美味い海鮮丼」

これは一緒に行ったシンタロヲ氏が書いてくれた記事にあった言葉なのですが、これほどハマる言葉はないなと。

何回言ってもたぶん同じことを言うと思います。「最高にうまい」って。うますぎると人って語彙力をなくすんですね…そういえば最高にうまいしか言ってなかった気がします。

これは行列にもなっ遠く。周りほとんど何もないのに、行列が絶えない理由がすぐわかる。とりあえず、人生であと99回はいきたいお店です。

店名 みなと食堂
住所 青森県八戸市大字湊町字久保45-1
電話番号 0178-35-2295
営業時間 [月~土] 6:00~15:00
定休日 日曜日・年末年始
食べログ みなと食堂 – 食べログ

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ この日はお腹がはち切れるくらいたべました。カロリーとか、気にすべきじゃないですね。

関連:青森旅行の全貌はこちらで

青森旅行のメイン画像

先日の青森旅行のメインイベントはキャンプ。

メインイベントを含めた青森旅行の様子は別の記事でまとめていますので、ぜひ読んでみてください〜!景色も人も、最高の旅行となりました。

webledgeのLine@登録
conoha banner

sponsored

-美味しいもの
-, ,