あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

ドルチェグストを使って手頃なカフェ・シェケラートを作ってみた!

   

cafe-shakerato-9

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

みなさん「カフェ・シェケラート」ってご存知ですか?イタリアでは有名な飲み方で、熱々のエスプレッソを砂糖やフレーバーと共にシェークしてアイスにして飲む最高の飲み物です。

そんなもの、飲む機会ないですよね。うん、僕も以前ご紹介した「COFFEE HOUSE NISHIYA」くらいでしか味わったことなかった。

そもそもエスプレッソなんて家でつくれ・・・・作れるじゃん!

僕の自宅にはDolce Gusto(ドルチェグスト)があるんだった!ということで今回はドルチェグストで作れる、美味しいカフェシェケラートについてご紹介します!美味しいよ・・・

スポンサーリンク

ドルチェグストで作る、美味しいカフェシェケラート

カフェシェケラートのために用意するもの・材料

材料はざっと下のような感じ。

こんな感じ?僕は今回ドルチェグストのエスプレッソインテンソを使ってみました。

これ。結構本格的にできる割には価格も安いので、すごくお手頃ですよね。

cafe-shakerato-2

ちなみにメモリは2つ分。この2つ分でちょうど50mlあたりらしいので、エスプレッソとしては少し多いほうなんじゃないかな?

一般的にカフェ・シェケラート自体は2エスプレッソをダブルショットで入れるのが多いみたいなのですが、今回は1杯分でいいかなと思っています。

砂糖はグラニュー糖が理想です。なければもちろん普通の上白糖でもいいと思いますが、やっぱり雰囲気的にグラニュー糖のほうがテンションが上がります。

カフェシェケラートの場合は熱々のエスプレッソを一度入れるので上白糖でもしっかりと溶けるのでいいかな?

レモンは飾りです。笑

 

あ、そうそう、シェイカーは用意してくださいね。

実は結構安いのがこのカクテルシェイカーですよね。結構たかそうなイメージがあったのですが、意外とそうでもない。

僕は以前バーテンダーをやっていたので、その時購入したものがたまたま家にありました。ラッキー。笑

シェイカーは持ってると意外とお酒とかで使うので、雰囲気も出るし冗談じゃなくて一つ持っておくといいと思います。

早速カフェ・シェケラートを作っていきましょう!

下準備からシェイクまで迅速に。

cafe-shakerato-1

さて、実際に作っていきます・・・!

まずはシェイカーの中に砂糖をセット。あ、写真撮り忘れました。笑

砂糖は15gあたりがまろやかで甘すぎず美味しかったですが、海外では結構甘くして飲む方も多いみたいです。なので、ここはお好みで!他にフレーバーなどを加えても美味しいので、それらを検討している方はそれとの兼ね合いで量を調節してくださいね。

cafe-shakerato-2

さてさて、エスプレッソを入れていきましょう。メモリは2つですね。

ところでインテンソってどういう意味なんだろ?ちょっと調べてみるとネスプレッソですがこのように書いてありました。

バラエティに富むコーヒーの種類とフレーバー、その深い味わいでグラン・クリュと評されています。
ネスプレッソのバリエーション豊かなカプセルは、味や香りの違いで選べる23種類がラインナップされています。
そのグラン・クリュと呼ばれる最高品質のコーヒーが詰まったカプセルコーヒーをご紹介します。

23種類のカプセルは以下の6種類のカテゴリーに分類されています。

  • インテンソ(力強い味わい)
  • エスプレッソ(マイルドでまろやか)
  • ルンゴ(大きめのカップで楽しむ)
  • シングルオリジン(単一原産国の豆を使用)
  • デカフェ(カフェインレス)
  • フレーバー(上品に香るフレーバーコーヒー)

引用:http://capsulecoffee.net/capsule.html

どういうこと?笑

まぁちょっとネスプレッソの基準なので共通している部分は限られるのかもしれませんが、エスプレッソ(少ない量)で力強い味わいということなのでしょうね。

 

それはさておき、コーヒーを抽出!

cafe-shakerato-4

メモリは規定通りの2メモリでやります。いい感じにセットできましたか?そしたらスイッチオン!

「ブイイイイィィィン」

cafe-shakerato-5

はいこんな感じ!いい感じにクレマ(泡)ができていますね!なんかこの時点で美味しそう!

本場のってここからすぐに氷を入れちゃうのかな?僕はできるだけ薄めたくなかったので、この時点で底に沈んだ砂糖を溶かしつつ粗熱をとるように少し揺すっておきました。

すこーし冷めたら氷を入れてシェイク!

シェイクする時の氷は結構パンパンに入れていいと思います。振って「カチャカチャ」と少しなる程度がおすすめ。氷が少ないと薄まりやすいのでご注意を。

10~15回くらい往復したら完成。

cafe-shakerato-6

いい感じのグラスに注ぎます。あくまでいい感じのグラスにしてくださいね!

cafe-shakerato-3

最後にレモンを!上の画像のように斜めにナイフを入れておくとカッコいい感じにグラスに飾ることができます。

cafe-shakerato-7

じゃーん!背景が少し汚いけど、カフェ・シェケラート自体は結構いい感じ。泡もちょうどよくできていますね。自分の想像よりも上手くいったな・・・

味はどう?

cafe-shakerato-8

ブログを書きつつカフェ・シェケラートをいただく。うん、最高。

味はびっくりするくらいしっかりとしていますね!コーヒー50mlに対して砂糖が大さじ1って、入れた時は少し多く感じましたが、甘さはちょうどいい!

シェークしているので、甘さがいい感じにコーヒーの苦味のトゲを取ってくれてめっちゃうまいです。

また、レモンを飾りに入れたんですが、これがまたいいアクセントになる。コーヒーとレモンって合わなそうだと思ってたのですが、シェケラートにするとなんかあう。

レモンの酸味がコーヒーと合わさって柑橘系の皮のような苦味がほんのり感じられます。まるで高級なグランマニエのカクテルを飲んでるみたい。ドルチェグストでもこんなに上手くいくんですね。

まとめ:お手軽におしゃれなコーヒーカクテルを

コーヒーのカクテルって自宅で試したことがなかったのですが、試してみると意外や意外。かなり美味しくできるもんです。

そもそも家でエスプレッソを抽出する機会なんてなかったので、コーヒーカクテルは自宅では楽しめないものだったのですが、今回のドルチェグストで一般でもお手頃に作れるようになりましたね。

自宅で美味しいコーヒーを飲むのに助かっています。ペーパードリップもフレンチプレスもいいですが、この楽しみ方も好きですね。

次回の記事は・・・?

iPhone Xが、欲しい。欲しいんです。
更新情報はSNSなどでチェックをお願いします!↓↓

 - ドルチェグスト , , , ,

PAGE TOP