web知識・Mac・iPhone・カメラなど、ガジェットのレビューなども交えて情報発信するブログ

BALMUDA The Pot レビュー!注いでわかる、その真価。

   

the-pot-main

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

ついに!念願のBALMUDA(バルミューダ)のThe Pot(ザ・ポット)を使ってきました!

このフォルム、ビジュアル。これだけで雰囲気を醸し出す電子ケトルはない、欲しい。

インテリアでも、実用的にもかなりアツい電子ケトルを是非。

スポンサーリンク

BALMUDA The Potがなんかすごくいい感じ。

注いでみないとわからない感じがそこにある。

バルミューダって最近本当に人気が出てきている家電メーカーですよね。そのフォルムと、やっぱりデザイン?

なんかシンプルなんだけどしっかりとしていて、安物のような感じは受けない。シンプル&重厚感という感じなのかな。なんかそんなふわっとした感じを受けて僕も前々から気になっていました。

気になっているといえばバルミューダのThe Toaster(ザ・トースター)もかなりいい感じ。こちらは使ってみると本当にふわっと焼き上がるし、他のトースターとの違いが見てすぐにわかる。

でも、The Potの場合は使い込まないとわからない!

かくいう僕も使い込んでいるわけではないのですが・・・実際に使って見て感じたことをまとめてみようと思います。

The Potの使用感と良いところ

the-pot-1

さて、使用感のレビューとその他使ってみて感じた部分をまとめてみます。まず大きさですが、 "ちょうどいい”感じだと思います。

ちなみにスペック表は以下。

本体 仕様
寸法 本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
重さ 本体のみ:0.6kg
容量 0.6L(リットル)
電源コード長さ 1.3m
沸騰時間目安 200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
素材 本体:ステンレス フタ、取っ手:ポリプロピレン

サイズ感、重さともにかなりちょうど良い感じ。

the-pot-2

電源ベースはかなりシンプル、なにも装飾がない。

 

まぁなにはともあれ使ってみないとなにもわからない。このままではただのおしゃれなケトル。

the-pot-3

お湯を入れてスイッチオン。

the-pot-4

「ズン!」

と、やっぱりこのネオン菅がアツい。

バルミューダの公式サイトによると

どこからでも見やすい灯り

いろいろな角度から見やすい電源ランプは小さなネオン管を使った独特の優しい灯り。湯を沸かすほんの一瞬も豊かな時間になります。

とのこと。たしかに見やすくておしゃれ感は滴り落ちています。

the-pot-5

角度を変えてもやはり見やすい。ここのネオン菅が切れちゃった時がさすがに替え時になるのか。。。といっても何十年後の話になるのか。

the-pot-6

電源ボタンはここね。なんか押した感じも普通のボタンと違ってスプリングが柔らかいけど信頼性のあるかんじ。なんかしたに押し込むのですが、カチッといううよりは

「シャクッ」

って感じ!わからないかなぁ。。

 

the-pot-8

と言っている間に湧き上がりました。さりげなくボタンがOFFになっていますね。なんかどっか光ったりするのかなぁと思っていたのですが、なにも起こらず。笑

 

これでコーヒーを飲みたかったのですが、ちょうどよくコーヒーがない。ということで紙カップで我慢。笑

the-pot-9

これまじ?

注ぎ感最高

なんか緩やかに傾けても普通にお湯が出る。しかも一定量。同じ角度を保っても本当に一定の湯量が出てくれるんです。

多分本体自体がちょうど良い重さになっているので安定感があるのでしょうね。浅く傾けても湯が出るので、蓋が取れる心配もない。

というか蓋は結構がっちりはまっているので、そもそも安心性は高いんですけどね。

 

僕が感じた3つの”ちょうど良い”

大きさ、重さがちょうど良い

大きさは本当にちょうどいいですよね。

the-pot-1

握りやすい。重くない。

なんか見た目もマット加工で指紋がつかない。フォルムと使いやすさは完成されています。これさえあれば、まぁポットは、というか電子ケトルはいらない。「ザ・ポット」の名前にふさわしいです。

容量がちょうど良い

いつも思うのです。

家庭用か!

いやまぁ、そう、ティファールは家庭用なんでしょうね。でも今回のザ・ポットはザ・一人暮らし用なのでそんなに容量いらない。というか1.2Lもあったら重い。

ついつい入れちゃいたくなっちゃいますからね。0.6Lでちょうどいいのです。

パンパンに入れても3分で沸いてくれるのでちょうどいい。

注ぎ感がちょうど良い

注ぎ感は

「はぁ、、ちょうど良い」

って感じのため息が出ます。

まさに珈琲を淹れるためにできているようなケトルですが、普通にお湯を注ぐ分にもかなり良い。お味噌汁とかこれで入れてみたいです。

気分だけで美味しく感じることは間違いない。

まとめ

前から気になっていたけどすごくよかった。

「BALMUDA The Pot」って名前ずるいですよね。「ザ」とかつけちゃうんだから、これ返って言っているようなものですよ全く。

トースターも迷うんですよね。

そう、効果がわかりやすいのはトースター。でも使う頻度が高いのは圧倒的に電子ケトルの方だとおもうんですよね。

僕の中の家電戦争がまだまだ落ち着きそうにないです。

 - 家具・家電 , , , ,

PAGE TOP