あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

片耳ずつペアリング可能!QCYの完全ワイヤレスイヤホン「Q29」をレビュー!

      2017/04/30

qcy-q29-6

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

ただのBluetoothイヤホンではもう耐えられない。今まで有線のイヤホンを使っていたのに、Bluetoothイヤホンを使い始めるともっと便利なものを求めてしまう。

そこで今回はdrip経由でQCYの完全ワイヤレスイヤホン「Q29」を提供していただきました。やはり完全ワイヤレスというのは便利なものですね!


drip

スポンサーリンク

片耳ずつでもペアリング可能なQCYのQ29を簡潔にレビュー

まずは簡単に概要をご紹介します。

qcy-q29-9

こちらがQ29というQCYの完全ワイヤレスイヤホン。完全ワイヤレスイヤホンというのは、耳につけるハウジングの部分が線などで繋がっておらず完全に分離されているBluetoothイヤホンを指します。以前に話題になったAir Podsなどが代表的ですね。

利便性は相当高い。イヤホン自体の電池の持ちはあまりよくありませんが、ケース自体が充電器になっているのは嬉しい。

音質はやはり通常のイヤホンからしたら劣ってしまいますが、完全分離で片耳ずつペアリングできるなどという利便性でおすすめしたいイヤホンです。

良いところ惜しいところ
  • 一つ5.3gと非常に軽い
  • 片耳ずつデバイスに接続できる
  • 複数のデバイスで再生も可能
  • 完全分離という利便性は◎
  • もちろんタッチノイズはない
  • ケースから出すと自動で電源ON
  • カラーバリエーションが豊富
  • 音質は普通のイヤホンに負ける
  • ちょっと大きいので耳の小さい方には大変
  • スタミナがもう少し欲しい
  • 曲送りや音量調節がイヤホンではできない

 

QCY Q29の外観や使用感をレビューしてみましょう!

さっそくQ29をレビューしていきます!

qcy-q29-12

箱に入っていたものはイヤホン本体(ケース付き)とイヤーパッド、ケーブル、説明書ですかね。今まで完全ワイヤレスって使ったことなかったですからね・・・!

qcy-q29-13

わくわく

qcy-q29-2

早速ペアリングしてみます。

右耳に装着するだけで電源がONになってペアリングモードに移行します!「Pairing」と女性の英語の声が聞こえますね。ちなみにAmazonのレビューでは「中国語で聞き取れない!」なんて話もありましたが、僕のいただいたものは英語なのでもう心配ないのかも。

右耳がペアリングできたら左耳を装着します。

すると「Second Device Pairing , Right Channel , Left Channel」と流暢な英語で説明が流れます。めっちゃテンション上がる!!!

耳につけただけで電源ON OFFとか最先端な感じ満載!

 

qcy-q29-7

さて、音は・・・う〜ん、音は正直微妙ですね。最近のイヤホンは音質が良いものがマジで多いので、それには勝てない感じです。

ボーカルは聞き取りやすいですが、全体の音の解像度は高いとは言えないかも。イライラするほど音質が悪い訳ではありませんが、没入感みたいなところではやはり有線イヤホンには勝てませんね〜

両耳ペアリングがうまく行かないとき

今回のQCY Q29は片耳ずつでもペアリングできるようになっています。

右のイヤホンと左のイヤホンを別々にペアリングしてしまった場合、電源ONの際にそちらを優先的にペアリングしてしまうので、再び両耳で音楽を聞く場合にはちょっと特殊なペアリングをしてみるのがおすすめ。

一回どちらの電源もOFFにしてから両耳のスイッチを同時に8秒以上押します。

電源がついても同時に押し続けていてください。すると先にイヤホンどうしがペアリングしてくれるので、両耳で聞けるようになります。ご参考までに!

QCY Q29の良いところ惜しいところ

実際に僕は最近これを使って音楽を聞いているのですが、良いと感じるところ、惜しいと感じるところを別々に細かく見ていきたいと思います。

良いと感じたところ

良いと感じたところをざっとあげるとこんな感じになっています!

Q29の良いところ
  • 一つ5.3gと非常に軽い
  • 片耳ずつデバイスに接続できる
  • 複数のデバイスで再生も可能
  • 完全分離という利便性は◎
  • もちろんタッチノイズはない
  • ケースから出すと自動で電源ON
  • カラーバリエーションが豊富

やっぱり完全分離という部分が僕にとっては非常に嬉しいです。僕は結構仕事中に音楽を聞きたいと思うこともあるのですが、完全に耳を塞ぐと呼ばれた声が聞こえない。

でも有線や通常のBluetoothイヤホンとなると片耳を垂らしたような形になるので非常に不便です。

qcy-q29-8

そんな時にこんな感じで片耳だけつけて音楽を聴けるのが非常に便利!しかも、なぜか片耳の時は音質が結構良いように感じるのです!

使ってみた感じだと両耳連続で3時間程度の再生となりますが、片耳ずつだと合計6時間くらいは聴けるので十分ですね。

ケース自体で充電している時間も含めるとだいたい1日持つ・・・かな?くらいまでは充電が耐えられるのでまぁ許容かと思います。

qcy-q29-14

今回僕がいただいたのはブラックのカラーなのですが、カラーバリエーションは4種類!黄緑なんかは結構珍しいので好きな人はいそう。白もかっこいいですよね!

惜しいと感じたところ

今回のイヤホンは良いと感じた部分も結構あるのですが、惜しいと感じる部分もありましたので、正直にご紹介します。

Q29の惜しいところ
  • 音質は普通のイヤホンに負ける
  • ちょっと大きいので耳の小さい方には大変
  • スタミナがもう少し欲しい
  • 曲送りや音量調節がイヤホンではできない

やっぱり音質はもう少し解像度が高いと嬉しい。まぁ完全分離型というイヤホン自体が珍しいので、ここは少し我慢かな・・?というところでしょうか。

qcy-q29-1

 

また、イヤホン自体は結構大きいので、耳の小さい方は少し疲れるかもしれません。

qcy-q29-3

実際によく見てみると、耳に入れる部分とイヤーパッドとの隙間が結構小さいので、密閉感はあるのですが長時間つけ続けるとちょっと耳が痛くなる感じがしました。

イヤホン自体のスタミナや曲送りなどの機能はやはり少しほしいな〜と感じますが、今後の進化に期待したいと思います!

まとめ:難点を加味しても、完全分離でこの価格ならあり

正直、今回のイヤホンについてはちょっと惜しいと感じる部分もあったと思います。ですが、それを加味しても僕が未だに使い続けているのは、やっぱりそれだけ完全分離型イヤホンというものが便利ということなんです!

しかも完全ワイヤレス系のイヤホンでは価格も相当やすいんですよね〜、ちょっと試しに・・・という方にとってはちょうど良いイヤホンなのではないでしょうか。

僕は普段のイヤホンにも使えて、片耳でも利用できるワイヤレスイヤホンを探していたので、実はこの商品はぴったりのものでした。

普段音楽にどっぷり浸かる時間ではなく、作業用のBGMなんかにいかがでしょうか!

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

 

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ

仕事中にこっそりと音楽聴くのが好き。

筆者Twitterアカウント

Youtubeへ

次回の記事は・・・?

iPhone Xが、欲しい。欲しいんです。
更新情報はSNSなどでチェックをお願いします!↓↓

 - 音楽系アイテム , , , ,

PAGE TOP