あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

wordpressでサイトを作ろう【その1 ドメイン取得】

      2015/07/29

wordpressでサイトを作ろうその1

はい、今回から始めていこうと思います。Wordpressでサイトを作りましょうという会です。ドメイン取得やサーバー設置、ほかにもいろいろとやることがあります。意外とほかのサイトでは分かりにくかったりするところを丁寧に書いていければいいなと思います。

今回はまずはサイトを作るためにドメインを取得するところから!

スポンサーリンク

サイトを作るためのドメインを取得しよう

ドメイン取得の手順

ドメイン取得の方法について解説しましょう。

結構いろいろありますが、ドメインの管理では以下のお名前.comが優秀です。というより、全世界のドメインのシェアの90%をここが持っているので、一番安心です。

もう一ついいポイントとして、ドメインが安いです。なんで金額が変化しているのかはわかりませんが、ほかのドメインサイト(バリュードメインなど)よりも安く買うことが出来ます。



リンクから飛ぶと、このような画面が出てくると思います。

wordpressドメイン取得1

ここの検索窓で欲しいドメインを入力してみてください。例えばwebledge-blog.comというドメインが欲しいなら、「webledge-blog」という単語を検索窓に入力します。そして検索するとこの画面。

wordpressドメイン取得2

まぁ、今回のドメインでは、webledge-blog.comというドメインはすでに僕が持っていますので、新規に取得することは出来ません。そこで、webledge-blog.netを取る場合には.netの部分にのみチェックを入れます。チェックを入れた後は「料金確認」ボタンを押してカートの画面に進みます。

wordpressドメイン取得3

この画面にいったら、もう後はログイン(会員でない方は新規登録)した後にすぐに購入出来ます。

注意点として、ここでサーバーの契約はしないことをおすすめします。

お名前.comのサーバーは結構高い割にレスポンスも悪いような印象を持っています。まぁ、面倒くさいからお名前.comのサーバーでいいやという方は別ですが、もっと優秀なサーバーはたくさんあるので・・・

ドメイン取得時に注意すること

ドメインというのはSEOにも非常に重要な要素を持っています。例えば、料理系のブログをしようと考えているのに、tennis.comなんてドメインは馬鹿らしいです。

きちんとサイトの名前を決めて、そのサイトの名前に準じてドメインを決めるようにしてください。

また、僕個人の感想としては .com のドメインが .jp や .bizなどよりもSEOに強いイメージがあります。まぁ、取っておいて損はないのでできれば.comドメインで取得しておきましょう。

ちなみに、このサイトでは、当初取得しようとしていたwebledge.comというドメインがすでに取得されていたため、webledge-blog.comというドメインにしました。このようなドメインの取得の方法も一つの技として覚えておきましょう。

まとめ

サイトを一度作ったことのある方からしたら簡単なことかもしれませんが、初めてやる方にとってはドメインの取得も簡単ではありません。できるだけ多くの方に理解してもらえたら嬉しいなと思ってこのブログを書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

次回記事の予告!

こりゃいい!moshiのMacBook Pro用キーボードカバーを購入しました!

↓↓気になる方は登録を!

 - wordpress , , ,

PAGE TOP