カフェの合間にお風呂でリラックス。人を帰れなくする大宮の「お風呂cafe utatane」

お風呂cafe utataneのメイン画像

最近お風呂にハマっています。

千葉にある龍宮城スパホテル三日月湯河原の独歩の湯など、旅行に行ったときにも必ず湯に入ってリラックスする時間を設けています。その時間は本当に至福のひととき。

でもお風呂って一度行くと大量に時間を吸い取られてしまうので、ほかにやることがあるときは気軽に行きづらいんですよね。悩ましい。

wifiとか電源が完備されたスペースのあるお風呂やさんがあればなぁ…と思っていたら、もうすでに大宮にあるらしい。そう聞いて早速行った場所が最高だったので、ご紹介したいと思います。

sponsored

大宮にある「お風呂cafe utatane」

お風呂cafe utataneの外観

今回行ったのがこちらの「お風呂cafe utatane」という場所。

大宮駅からタクシーで10分程度の場所にあります。若干駅からは距離があるのですが、それでもこのお風呂cafeに行きたくなる理由がそこにはあります。

そもそも設備だけを見るならば、他のスパと大きく変わりはないかもしれません。お風呂があって休憩スペースがあって、飲食ができるという点はほかのスパでも同じ。

ただ、このお風呂cafe utataneはコンセプトが他のスパと違うのです。

「お風呂の合間に休憩する」

ではなく

「カフェの合間にお風呂に入る」

ことを目的とした空間作りがされていて、他のスパよりも圧倒的に気楽に通うことができます。お風呂行くよりも、カフェに入る方が気が楽じゃないですか?

感覚としてはそんな感じ。中の施設もご紹介したいと思います。

作業(休憩)スペースは充実!漫画も読める

中のスペースは大きく分けて3つに分かれます。

  • 作業(休憩)スペース
  • 食事スペース
  • お風呂スペース

作業(休憩)スペースにあたるのがラウンジやフリーデスク、ハンモックゾーンなどなど…。行ったのが休日ということもあってか、食事スペースでは作業ができないようになっていました。

フリーデスクスペースでは電源もあるので、パソコンを開いてカタカタと作業できます。もちろん館内はフリーwifi完備。漫画やボードゲームなどの娯楽もあるので、作業がひと段落したら漫画で頭を休めるものあり。

ハンモックに揺られながら休むもよし、マッサージチェアに背中を押されながら寝るもよし。完全に自由な時間がそこにあります。

ちなみに、好きな飲み物は中の自販機で購入できますが、コーヒーは無料で飲み放題。好きな時にに好きなだけ飲んじゃってください!

sponsored

カフェスペースでいただける食事も本格的

カフェスペースのところ

お風呂cafe utataneの中には食事スペースもあります。お腹が空いたらここで食事をいただきましょう。

こういう室内の飲食スペースって料理の質が低いことが多い印象なのですが、ここはなかなか美味しい。

メニューも豊富で、価格もリーズナブル。カレーやロコモコなどを中心に、そこらへんのカフェよりも美味しい料理を食べられます。もちろんパフェなどのデザートもあるし、お酒だってあります。

頼んだのは焼きカレー&ネギトロ丼。一見相性の悪そうな、でも贅沢な組み合わせができるのもこのカフェのいいところ。

焼きカレーのチーズはアッツアツのとろっとろ。カレーはマイルドで、辛いものがダメな人でも食べられるくらいです。でも甘すぎず最後までおいしくいただけたのが不思議。

ロコモコも一枚パシャり。丸い目玉焼きがマジで美味しそう…。

広いお風呂で仕事の合間に休憩を

少し作業をして、ご飯を食べて、さらにリラックスしたいと思ったらお風呂へ。お風呂とカフェをいつでも何度でも行き来できるのがここの良いところ。

お風呂がこれまた広くて良い。パッと見て2〜3つくらいの大きな風呂があり、露天風呂があって、サウナがある。お風呂を楽しむには必要十分な設備が整っています。

 

露天風呂は「白寿の湯」という関東の名湯を運び入れています。なんとなくじんわりと体があったまってくる感じがとても心地よく感じます。

室内風呂・露天風呂を楽しんだらサウナへ。このサウナの温度がしっかりと暑く、10分でがっつりと汗をかけます。十分に汗をかき、サウナを出ればすぐ左にご褒美(水風呂)がある。

ドプンとつかって、体をキンキンに冷やしたら、目の前のチェアに座って身体をととのえる。ロウリュのサービスもあり、サウナーにも十分満足できる施設だと思います!

営業時間は23時間。無限に居たい

受付を済ませると見える廊下

お風呂でガッと休むと、作業が不思議なくらい捗るんですよね。

作業時間自体はそこまで多くなかったはずなのですが、普段の倍くらいのスピードで仕事をこなせたのは、合間のお風呂が最高だったからかも。

フリーの料金表 通常料金 会員料金 深夜追加料金
大人 (中学生以上) 1,260円 1,080円 +840円
小人 (小学生以下) 630円 540円 利用不可

営業時間は10:00〜翌9:00までの23時間。フリーで入れば1,260円(深夜は+840円)で時間内をずっと過ごせるので、かなりお得に感じました。個人的には2,500円くらいでも全然OKな気分。

時間を区切ってしっかりと作業したいという方にも、ちょっと漫画を読みに行きたいという方にもおすすめできるカフェでした。

ONの日もOFFの日もいりびたれる場所なので、帰れなくならないように、お気をつけください。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ 昼過ぎ〜夕方は結構混雑するので、早めに行くのですが、出たらいつのまにか夜になってるから不思議。
webledgeのLine@登録

sponsored

-旅ログ
-, ,