あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

Canonのマクロレンズ 100mm F2.8lを実写レビュー!幻想的な世界観

   

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

先日谷根千あたりにフォトウォークに行ってきた。ぶらり食べ歩きも良いよね。の記事でも書いたのですが、谷根千に写真を撮影しにいってきました。

せっかくのフォトウォークなので、いつも使っている明るいSigmaの単焦点レンズ「Sigma 30mm F1.4 Art」だけではなく、100mm F2.8lというマクロレンズも持っていってみました。

Canonの最高峰マクロレンズ EF100mm F2.8L IS USMレビュー!では細かい写真のレビューをしていないので、この場で写真のレビューができればと思います。

※写真は全てEF100mm F2.8Lで撮影し、Canon EOS9000DでJPGに書き出しています。

スポンサーリンク

Canonの至高のマクロレンズ EF100mm F2.8L IS USM

今回ご紹介するレンズはこちら。

Canon EF100mm F2.8L IS USMというマクロレンズです。Canonの中でも赤いラインが入った「Lレンズ」というのは最高レベルのラインナップで、もちろん写りも最高。ちょっとクセはある感じがしますけどね。

細かいディテールはふわっとするのに背景はうまーい感じでボケますね。個人的には古臭いというよりもモダンな感じの背景になる気がしています。

実際に花などを撮る機会は少なかったので今回は主に花を撮影して実写レビューをしていきます。

F2.8で使うと見たこともない幻想的な世界を映し出す

このレンズの最大解放はF2.8。F2.8で使っちゃうと被写界深度はめちゃくちゃ浅いですね〜。

特徴的に感じたのは下の写真。

Canon 100mm review 21
ISO:100 F:2.8 シャッタースピード:1/1600

こんな写真普通じゃ撮れないですよね。というか非常に難しい・・・被写界深度がめちゃくちゃ浅いので、ピントの合っている部分はかなり狭いですね。

少しでもずれると画はめちゃくちゃとろけています。

Canon 100mm review 20
ISO:400 F:2.8 シャッタースピード:1/1250

この写真もF2.8の写真ですが、こいつは結構好きですね。でも4くらいで撮影した方がよかったかな?こういう写真を見ると背景のボケ方が他のレンズとは少し特殊な気がします。

なんとなく少しモダンなボケ方をしているなぁ・・・と感じるのです。

Canon 100mm review 16
ISO:200 F:2.8 シャッタースピード:1/2500

この写真は結構好きですね。明るく撮れてるし、被写界深度も浅いなりに結構いい感じにピントが合っています。

全体的に明るいので白飛びしそうな絵なのですが、細かい部分のディテールはしっかりと残っていますね。

Canon 100mm review 19
ISO:100 F:2.8 シャッタースピード:1/2000

ちなみにこんな感じで花を逆行で撮影するのも良いかと思います!

Canon 100mm review 32
ISO:200 F:2.8 シャッタースピード:1/640

マクロレンズなのでこんな感じで花の”毛”までビシッと撮影することができます。こういう変わった視点からの撮影は結構いいですね。

あ、そうそう、このレンズは手ブレ補正ががっつりと付いているので、少し離れたところからでも手ブレがかなり抑えられます。

F4~5.6あたりが気持ちいいかも

F2.8まで出るのはいいんですが、焦点距離が長いのでピントが合わせづらいというデメリットもありますよね。

ということで普段撮影するときはF4~5.6あたりが撮影しやすいなぁ〜という印象です。

Canon 100mm review 38
ISO:100 F:4 シャッタースピード:1/400

ちなみにしたはF3.5の写真。

Canon 100mm review 23
ISO:200 F:3.5 シャッタースピード:1/160

F4とか5.6と比較すると若干ソフトなフォーカスな感じがします。白の感じが違うのかなぁ・・・

全体的に白飛びが非常に少なく、細かいディテールまで強い

撮影していて感じた部分としては「白飛びが少ない」というところ。

実際にカメラのディスプレイで見ると「あ・・・ちょっと白いかも・・・」とか思うのですが、PCで見ると細かい部分までディテールがしっかりとしています。これは強い。

あと、逆光で使ってもフリンジが全然出ていませんね〜不自然なフリンジが出ることは全くと言っていいほどないですね。

結構暗く撮影しがちになってしまうので露光補正は少しだけ高くしていました。しっかりと手ブレ補正もついているので、100mmながらかなり使い易いレンズだと思います!!

まとめ:Lレンズが独特の写りに感じる。

Canon 100mm review 37
ISO:100 F:2.8 シャッタースピード:1/1000

やっぱりCanon最高峰のマクロレンズ。かなり細かいディテールまでしっかり書き出してくれる

ただ、ボケ方は少し他のレンズとは違いますよね〜。他のLレンズも何度か利用したことがあるのですが、どれもボケ感がちょっとモダンな感じなんですよね。そっちが独特なのか、僕の使っている他の安いレンズが不自然なのか・・・

でもLレンズはどれもビシッと決まると驚くくらいの写真を撮影させてくれます。

興味のある方はぜひ使ってみてくださいな!!

今回の使用機材↓

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ

「この写真が撮りたい!」ってのが出てくるとどんどんレンズ買っちゃうんだよなぁ・・・

筆者Twitterアカウント

Youtubeへ

次回の記事は・・・?

iPhone Xが、欲しい。欲しいんです。
更新情報はSNSなどでチェックをお願いします!↓↓

 - レンズ , , ,

PAGE TOP