Osmo PocketをGoPro・iPhoneと比較!かなり違う画質や音質・操作性など

GoProの比較メイン画像

ついに僕の手元にも来ました。Osmo Pocket。超小型のジンバル・スタビライザー付きカメラです。

手のひらに収まるポケットサイズで映像も鮮明。旅行などで最適なのではと思い購入しました。

周りを見ると「実際に買った」という方も多い中、「iPhoneがあるから…」と悩んでいる人も多くいらっしゃったので、今回は今まで使っていた小型カメラ類、主にGoPro HERO7とiPhone Xの2つとの比較についてご紹介したいと思います。

↓ちなみに画質・音質の違いについてはYouTube動画でもまとめていますので、こちらも見ていってください。

sponsored

超小型スタビライザー付きカメラ Osmo Pocketについて

Osmo Pocketの外観

改めてOsmo Pocketの軽い紹介を。

Osmo Pocketは。重さ119gという、カメラ類としては超軽量モデルながら3軸のジンバルを搭載したまさに「カメラの未来」を感じる小型カメラです。

ジンバル搭載なのでもちろん手ブレはほぼないし、だからこそ夜景も綺麗に撮影出来る。

写真はもちろん、動画は4K60pまで撮影でき、画質的にはプロのものと遜色ないものが手のひらサイズのデバイスから生み出されることを考えると震えますね…!

Osmo Pocketと比較したGoPro iPhoneについて

今回Osmo Pocketと比較したガジェットについても軽く紹介させてください。

GoPro HERO7 BLACK

GoPro HERO7 BLACK

旅行用のカメラの決定版、GoPro。小型の高性能カメラとしてははずせないところかと思っています。

今回は最新モデルであるGoPro HERO7との比較。Hyper Smooth機能によってジンバルなしでも手ブレのない映像が撮影出来るということで購入しましたが、果たしてどのくらい映像に差が出るのか。

手軽さとしてはそこまで遜色のないところですが、映像・音質・操作感では大きく差を感じたので細かく紹介したいと思います。

iPhone X

スマホと接続するZolo Liberty

日本のスマホ市場の大部分を占めるiPhone。最新モデルで比較をしてみたかったのですが、たまたま僕の持っているのがiPhone Xだったので今回はそちらで比較してみます。

最新のiPhone Xsの方がそりゃカメラ性能は上だとは思いますが、iPhone Xも最新モデルにかなり肉薄しているはず。普段撮影する分には何も問題は感じていないので、比較には十分な性能かなと思っています。

sponsored

Osmo Pocket・GoPro・iPhone比較してみた感想

さて、さっそくOsmo PocketとGoPro・iPhoneの比較に移りたいと思います。実際に使い、撮影してみると、使用感から画質から大きな違いを感じます。

実際の映像については動画にしてありますので、まずはそちらを見ていただければ。記事では撮影してみた結果、僕が感じたことについて触れていきたいと思います。

映像比較:綺麗さは、Osmo Pocketが好み

映像の綺麗さは、Osmo Pocketが頭一つ抜けていると感じました。

手ブレ補正についてはGoPro・Osmo Pocketは同程度、むしろ画角が広い分GoProの方がやや優勢かもしれない。(iPhoneだとがっつり手ブレしてしまいます。)

が、映像の鮮明さはOsmo Pocketの方が上で、GoProはやや電子的で甘い印象をうけます。

暗所もOsmo Pocketが大活躍。ノイズ感も少なくて、旅行先でもかなり使いやすそうに感じます。

写真の面でもさくっと撮影したので比較を。

↓Osmo Pocketで撮影した写真

Osmo Pocketで撮影した写真

 

↓iPhone Xで撮影した写真

iPhone Xで撮影した写真

 

↓GoPro HERO7で撮影した写真

GoPro HERO7で撮影した写真

3種ともRAWで撮影できますが、編集せず撮って出しでの比較になります。

Osmo Pocketでは赤い葉の葉脈がくっきりと見え、白飛びや黒つぶれも少なく感じます。対してiPhone Xは白飛びが目立つ感じに。

GoPro HERO7は、発色はいいのですがちょっと全体的にボヤっとしているような気がするかも。微妙な違いですが、比較してみるとその差ははっきりとわかります。

音質比較:それぞれ違いがあり、好みが分かれる

音質はそれぞれ違いがあって、好みが分かれるんじゃないかなと思います。僕らがいつも慣れ親しんでいるiPhoneの音声が、一番フラット。(ただしちょっと音は小さ目に感じました)

対してGoPro HERO7は低音よりでこもった音のように、Osmo Pocketは高音よりでキンキンした音のように聞こえます。

一番街中の雑音が少なかったのはOsmo Pocketなので、後から編集をすることを考えるとややOsmo Pocketの方が扱いやすいのかなとは思っています。

ただ、GoProのほうが聞きやすいという人もいらっしゃるようなのでこの辺はやっぱり好みになっちゃうのかなと思っています。

操作感比較:GoProがちょっともっさり

GoPro は操作感がもっさり

操作感もデバイスによって差があります。

もちろん操作方法自体が少しずつ違うので単純比較はしづらいのですが、使ってみた感じややGoProがもっさりしているなぁと。

iPhoneやOsmo Pocketは指に吸い付くようにディスプレイが反応するのに対し、GoProは少し遅れて反応するように感じます。

Osmo PocketはiPhoneと同じような操作感を実現

Osmo PocketはiPhoneと接続するとiPhoneの純正カメラと同じような操作で撮影が出来るようになるのも個人的に好きなところ。iPhoneの操作感に慣れている僕たちにとっては接続した状態が一番ストレスなく操作出来るかもしれません。

歩きながらのタイムラプス機能はGoPro HERO7の方が上

タイムラプス機能は、GoPro HERO7の方が上に感じます。なんといってもハイパーラプス機能が素晴らしい。

↓この動画の1:11あたりから数秒、GoPro HERO7のハイパーラプス動画を使っています。

このハイパーラプスの機能は、動きながらのタイムラプス撮影の際に動きのある部分の撮影枚数を自動で増やすことによって、より滑らかなタイムラプス撮影が出来るという機能。

これと比べてしまうと大きな差を感じてしまいます。

ただ、Osmo Pocketの場合はカメラの動きを変えながらタイムラプスを撮影する「モーションラプス機能」が付いており、しっかりと固定した上での撮影なら面白くてキレイな映像が撮れそう。

じっくり腰を据えて撮りに行ってみたいなぁ。

その他Osmo Pocketの気になる点

音質・画質の面では僕好みだったOsmo Pocketですが、使ってみてちょっと気になる部分もあったので紹介させてください。

Osmo Pocketのフェイストラッキングの位置が気になる

Osmo Pocketはセルフィーモード(カメラを内側に向けるモード)にすると自動で撮影者の顔を追ってくれるフェイストラッキング機能が付いているのですが、撮影位置がちょっと気になるんですよね。

撮影すると映像の上側に顔を置くようにトラッキングするので、頭のてっぺんが切れてしまいます。

首で切れてしまうよりマシかもしれませんが、この辺が自分で自由に調整出来るともっと使い勝手は上がるのに…とか思ってしまいます。

画角がやっぱり狭い

自撮りをしていると感じるのですが、画角がやはり少し狭めです。

一人ならまだなんとかできますが、2人以上だと厳しい。フェイストラッキングで片方の顔がほぼ真ん中にきてしまうので、2人以上だと入らないことも多いです。

一応ワイドコンバージョンレンズが発売されましたので、僕はこちらのレンズで対応しています。

RAW撮影はiPhoneがないとできない

ちょっと辛いなと思ったのが、写真のRAW撮影。なんとiPhoneを繋いでいないとRAWでの撮影ができないのです…!

GoProやiPhoneでもRAWの撮影が本体でできるので、まさかできないとは思っていませんでした。。。基本は動画用として使うからそこまで使う機能ではありませんが、アップデートでなんとか改善してほしいポイントの一つです。

Osmo Pocketのlog撮影はこれから実装

普段動画を撮影するときには「log」という彩度の低いモードで撮影して後から色を調整するようにしているのですが、現時点ではOsmo Pocketはlog撮影に対応していないようです。

今後のアップデートでD-logなどに対応予定とのこと。

僕好みの色合いをうまく表現するために、対応が待ち遠しい…

アクセサリの発売が待ち遠しい

Osmo Pocketには延長ロッドやコントローラホイールなどの様々なアクセサリーが発売される予定なのですが、発売はまだされていない模様。アクセサリーがあって初めて使える機能などもあるぶん、この辺のアクセサリーは早めに用意してほしいなぁと感じています。

Osmo Pocketでの撮影にみんなが飽きる前に、少しずつでもいいからアクセサリーを発売して色々楽しみたいです。

結論、Osmo PocketとGoPro・iPhoneはどれが良いのか

必要な機能ななどは人によって違うかと思いますが、用途別にどれがおすすめかを考えてみました。

普段のVlogとしてはOsmo Pocketがおすすめ

普段の動画撮影にはやはりOsmo Pocketが一番使いやすいかなと思います。

YouTubeにアップするだけならLog撮影もほぼ使わないですし、何より歩いていても手ブレなしで綺麗に撮影できるというのが嬉しいポイントです。

多分GoProかOsmo Pocketか…と考えている人はこのVlog用途で考えている人が多いんじゃないかなぁと思います。そういう方には間違いなく、Osmo Pocketが一番使いやすいと思います。

普段の写真撮影ならiPhoneでいいかも

画角の違いはありますが、写真の撮影に関しては3種類ともそこまで大きく変わりません。強いて言えばGoProが広角で撮影できるというのはありますが、わざわざ持ち運ぶことを考えると写真はiPhoneで十分だと思います。

Osmo Pocketが本体だけでRAW撮影できるようになれば別なんですけどねぇ。

しばらく旅行用のメインカメラとなるか

GoPro・Osmo Pocket・iPhoneの写真

まだまだ発売して間もないということでアクセサリーや機能などは追いついていない部分がありますが、その辺はこれからしっかりと対応してくれそう。

それを差し引いてもこの手軽さと映像の綺麗さ、さらには5万円もしない価格と素晴らしい点がたくさんあります。

しばらくは旅行中のメインカメラになりそう。たくさん撮って、旅行の思い出をこれからバンバン撮りためていきたいです。

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ

先日の旅行ではほぼOsmo Pocketで動画を撮っていました。さすがの手軽さ。

-カメラについて
-,