あなたの生活をちょっと豊かにするLIFE STYLEマガジン【WEBLEDGE(ウェブレッジ)】

カエレバのリンクを一括でrel=”nofollow”に変換しておく方法

   

kaereba-main-1

本日も”Webledge“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@webledge_blog)です。

先日rel=”nofollow”についての記事を書きました。そう、SEOを意識するとnofollowタグってやっぱり大事なんだな〜と。意識しすぎもよくないんですけどね。

で、みなさんブログをやっている方はkaerebaのリンクをAmazonや楽天のアフィリエイトに利用している方が多いと思いますが、nofollowタグを仕込んでいますか?

今はkaerebaのリンクにはnofollowタグが自動で入るようになっていますが、今までつけてなかった!ということで全部をしっかりとnofollowタグ入りのリンクに変換してみようと思います。

スポンサーリンク

カエレバのリンクを一括でrel=”nofollow”に!

Search Regexを入手しよう

さて、早速変換の方法をご紹介するのですが、僕の使っているwordpress用のプラグインはSearch Regexというもの。

kaereba-nofollow-4

これで記事の本文やコメントの内容から文字列を検索してそれを一括で置換することができます。

kaereba-nofollow-5

まずは新規プラグイン追加の画面から「Search Regex」と入力して「今すぐインストール」→「有効化」しちゃいましょう!

さっそくリンクをnofollowに変換しよう

kaereba-nofollow-6

こちらSearch Regexの管理画面。ここから任意の文字列を入力して変換します。

kaereba-nofollow-8

変換する場所は4箇所。早速上から変換していきます。

画像とタイトルのテキストをnofollowに変換

kaereba-nofollow-1

まずはこの画像のリンクと文字のリンクの部分。Amazonからリンクを生成している場合はリンクの最後が「ref=nosim/”」で終わっているリンクがカエレバのリンクのはず。ということでそれを変更。

  • Source:Post Content
  • Search pattern:ref=nosim/” target=”_blank”
  • Replace pattern:ref=nosim/” target=”_blank” rel=”nofollow”

にします。Sourceや他の部分はデフォルトのまま。

kaereba-nofollow-14

 

こんな感じで一括変換完了。ちなみに楽天の商品からリンクを生成している方の場合は、後で出てくる楽天リンクの変換で同じように一括置換されますので、ご安心を。

Amazonのリンクボタンをnofollowに変換

kaereba-nofollow-2

今度はここのAmazonボタンのリンク。

Amazonのボタンリンクはリンクの最後がIDで終わっています。なので日本の方は「[自分のID]-22″」で 終わっているはず。ということでそれを変更。

  • Source:Post Content
  • Search pattern:[自分のAmazon ID]/” target=”_blank”
  • Replace pattern:[自分のAmazon ID]/” target=”_blank” rel=”nofollow”

という感じ。ただ、この自分のAmazon IDの部分は大体「-22」で終わっているのでそれで検索して一発置換でも問題ないと思います。

kaereba-nofollow-11

楽天のリンクボタンをnofollowに変換

kaereba-nofollow-3

さて、変換する最後のリンク。楽天のリンクボタンを変更します。

楽天のボタンリンクはリンクの最後が「%2F”」で終わっています。これを目印に一括で変換していきます。

ここで一括置換を行うことによって、楽天からカエレバでリンクを生成している方のタイトルやサムネイルのリンクも一緒に変換できます。Search Regexの入力欄は以下。

  • Source:Post Content
  • Search pattern:%2F” target=”_blank”
  • Replace pattern:%2F” target=”_blank” rel=”nofollow”

これで一括で変換できます!

kaereba-nofollow-12

これで一応全て変換が完了しましたね。

最後に重複を確認しておきましょう。

以上の方法で一括置換自体は完了なのですが、これだとそもそも最初からnofollowで出力していたリンクはnofollowタグが2重に入ってしまいます。

エラー自体は出ませんが、気持ち悪いので以下のように変換。

  • Source:Post Content
  • Search pattern:rel=”nofollow” rel=”nofollow”
  • Replace pattern:rel=”nofollow”

これで変換すれば2重に重なってしまったリンクは一つに戻ります。(ただし、手作業で「rel=”nofollow”」を入力してしまった方はへんなところに入ってしまっている可能性もあるので、その部分はご自分で・・・)

kaereba-nofollow-13

このように「There are no results」と表示されれば2重のものはないということなので安心ですね。

まとめ

いかがでしょうか。内部リンクや外部リンクなど、SEOに関わってきている要素はかなり多いのでこれだけで検索順位が改善されるというのは言い過ぎですが、やっておくに越したことはないでしょう。

一つ一つリンクを変更するなんてマジで無謀なので今回の方法で一括で置換しちゃいましょうね!

次回記事の予告!

素の髪質でナチュラルなセットを!資生堂のパウダーワックス「パウダーシェイク」のレビューを執筆中!

↓↓気になる方は登録を!

 - wordpress , , , , ,

PAGE TOP