TAMRONから新広角ズーム(17-28mm F2.8)!SONY純正レンズから見た良いところ悪いところ

聞いた瞬間、バカ売れの予感がしました。

TAMRONというとちょっと前まで「そこそこのクオリティで安いレンズ」とかのイメージだったのですが、それが「TAMRON「28-75mm F2.8 Di III RXD」のレンズによって完全に覚醒。

僕の中でのTAMRONのレンズは

「安いし軽いし画質も良い」

と、相当な評価となりました。正直惚れた。

そして新レンズの発表。以前から噂されていた「TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD(A046)」というレンズが発表されました。これは間違いなく、売れる。

↓動画にもしましたのでぜひチェックを!

sponsored

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD(A046)の特徴を

 

今回発表されたのはTAMRON(タムロン)の「17-28mm F/2.8 Di III RXD(A046)」というレンズ。

現在TAMRONから発売されているソニー Eマウント用のレンズ「TAMRON「28-75mm F2.8 Di III RXD」に続くF2.8通しレンズです。発売日は2019年7月25日で価格は10万円と少し。この値段が安いと思えるくらい優秀そうなレンズです。僕も欲しいんだよこれ…

まずはこのレンズの特徴をご紹介させてください。

TAMRON | 17-28mm F/2.8 Di III RXD を公式サイトで見る

コンパクトさと、軽さ

一つ目の特徴は、その小ささと軽さ。

筒の長さは99mmとかなり短めで、TAMRONの28-75mmのレンズと比較しても一回り小さく感じます。フィルター径も67mmと比較的小さめ。いわゆる「大三元レンズ」の威圧感はありません。

そして嬉しいのはその軽さ。420g。軽いッ!!!!

僕のメインカメラであるSONY α7IIIにこのレンズの組み合わせだと1kg切ってきます。最高じゃないか。とにかく荷物を軽くしたい僕にとって最高でしかない。

画質もAFも期待できる

17-28mmという中途半端な画角ではありますが、F2.8通しで使えるということが魅力的なこのレンズ。画質面とAF面が気になるところではありますが、28-75mmレンズの出来を見ると期待ができます。

28-75mmのレンズはAF速度も十分以上ですし、画質も気になりません。むしろ開放からいい感じ。作例は↓の記事で紹介しています。

若干周辺減光が気になるかもしれませんが、その辺は味として捉えるのも良いでしょう。

動画撮影を加速させるインナーズーム

このレンズはインナーズームであるところも面白い。ズームリングを回しても筒の長さが変化しないのです!

これが動画撮影では嬉しいんですよ…。一眼カメラで手ブレなしの動画を撮影するにはジンバル(スタビライザー)というアイテムが必要なのですが、インナーズームはここで活躍する。

焦点距離を変えてもカメラとレンズの重心点がほぼ変化しないので安定するんです!

ちょっと難しい話かもしれませんが、とにかく動画撮影時に安定するというのが魅力的。

SONY純正広角レンズと比較してどうか

α7IIIに装着したSONY 16-35mm F4のレンズ

気になるのがやっぱり純正レンズとの比較。同じようなズーム域でいうと

の2機種でしょうか。とりあえず3機種のスペック比較を。

モデル名 TAMRON A036 SEL1635Z(ツァイスレンズ) SEL1635GM(GMレンズ)
マウント ソニー Eマウント
焦点距離(画角) 17-28mm 16-35mm
F値 2.8~ 4~ 2.8~
レンズ構成 12群15枚 10群12枚 13群16枚
絞り羽根枚数 9枚 7枚 11枚
最短焦点距離 広角端:0.19m 望遠端:0.39m 0.28m 0.28m
最大撮影倍率 広角端:0.29倍 望遠端:0.4倍 0.19倍 0.19倍
手ブレ補正 なし あり なし
フィルター径 67mm 72mm 82mm
重量 420g 518g 680g

まぁ素直に、重さと大きさを許容できるならやっぱりSEL1635GMが一番強いとは思います。GM独特のキレのある描写やAFの速度は魅力的。

でも重いし大きいのはちょっときつい…ということで、ほとんどの方は今回のTAMRON 17-28mmレンズとSEL1635Zと迷うところじゃないでしょうか。

画角を差し引いても、明るいのはいいかも

これから広角レンズを購入するということであれば、TAMRONの方が若干優勢かなと思っています。僕は。

SEL1635Zとの比較ですが、大きく違うところは

  • 焦点距離
  • F値

の2つ。僕も今のところ広角レンズは
SONY 16-35mm F4(SEL1635z)
を使っていますが、正直、テレ端は使ったことがありません。だいたい広角を撮影したいシーンだと16~24mmまでしか使わないんですよね。それ以上の焦点距離はそもそも28-75mmのレンズ使うし。

だったら軽くてコンパクトな方がいいかなって。

逆にいうと広角でF2.8を使いたいと感じるシーンも今までなかったんですが、一段分明るくできるのは案外使いやすさを感じるかもしれません。

手ぶれ補正がないのは注意を

TAMRON 17-28mmレンズはレンズ内手ブレ補正がないのでそこだけは注意かも。

フルサイズカメラではボディ内に手振れ補正の機構が入っているので問題ないかもしれませんが、手振れ補正非内蔵機だと若干気になるかも。

特にこの焦点距離とコンパクトさだとAPC-S機の2.8通しズームレンズとしてちょうど良いのですが、最新モデルのSONY α6400は手ブレ補正が付いていないのでちょっと心配ですね…

sponsored

軽さが魅力の広角ズーム

結局軽いのが好きなんですよ。重いのを持ちたい人って本当に少数だと思います。

その点でいうとTAMRONの新広角ズームは万人ウケする未来が見えてる。特に今TAMRONの標準ズームを使っている人、そして広角レンズを持っていない人にはめっちゃ良い。

星空とかも撮影できるし…うわ、書いてたら余計欲しくなってきました。

TAMRON | 17-28mm F/2.8 Di III RXD を公式サイトで見る

けーすけ(@saradaregend)から一言。

けーすけ YouTubeでも「レビュー待ってます!」ってコメントが来まくって震えてます

↓動画にもしましたのでぜひチェックを!

-レンズ
-