web知識・Mac・iPhone・カメラなど、ガジェットのレビューなども交えて情報発信するブログ

覚えておくと楽!?excelでめっちゃ使うショートカットキー6選

      2015/09/13

excelshortcut

みなさんexcelってどのくらいつかいますか。パスワードロックをかけられたりするこのExcelソフト。それゆえに、社外秘の情報を共有する際に重宝したり、単に計算するときに重宝したり、みたいエロ動画サイトのURLを保存しておくのに重宝したりと、使い方は様々です。

現在の表計算ソフトでは圧倒的な支持を得ているこのMicrosoft Excelですが、真につかいこなせている人ってどのくらいいるのでしょうか。今回は使いこなしのためのショートカットキーの一部をご紹介していきます。

スポンサーリンク

Excelのめちゃくちゃ使うショートカットキー6選

その1 「tab」で一つ右のセルに移動

みなさんは、セルの中で文字を書いて、もう一つ右のセルにいく時にいつもどうしていますか?多分、Enterを押して、矢印キーで・・・なんて方多いのではないでしょうか。そんな方は面接でExcelのショートカットキーを聞かれたときに落ちること間違いなしです。

tabを使うことによって、セルの中の文字を書いた後にEnterで確定しなくてもすぐに右のセルに移動することが出来ます。

shift  + tab

で逆の方向(左)にセルを動かせるのもいいですね。

でもまだまだ序の口なので、多分50m走が一秒縮まったくらいの差かもしれません。

その2 「Enter」で一つ下のセルに移動

すごく当然の動作でショートカットキーと言えるのかどうかというところではありますけど、

shift + Enter

で一つ上のセルに行けるのは知らなかったのでは?

その3 ctrl + Aで数値の入っている、かつ隣り合ったセルを全て選択

ctrl(command) + Aでは、数値の入っているセルを全て選択出来ます。ただし、数値と数値の間に空白があったら途切れているとみなされるので、注意しましょう。

その4 Alt + Enterでセルの中で改行

通常改行するには、Enterを押しますが、セルではEnterを押すと一つ下のセルに向かってしまうので、セルの中で改行をしたいという場合はAlt + Enterで対応しましょう。

これは速さっていうかしっていないと何も出来ないですね。

その5 ctrl + spaceでその列(縦)を選択 shift + spaceでその行(横)を選択

このショートカットキーは以外と使いますよ。たとえば、不要な列があったなんてときには一発押しちゃえばその後

ctrl + (-)

で一気に列を消去出来ちゃったりします。ちなみに行に関しても同じことができるので、ためしてみては?

その6 ctrl+(-)で選択しているセルを消去

 

このショートカットキーは選択しているセルを行でも列でも消去してくれます。いちいち右クリック、行を消去・・・・なんて面倒くさい真似をしなくても一発です。ちなみに

ctrl + shift + (+)

で選択範囲にセルを追加することができます。

多分速さ的にはうさぎとチーターくらいの差があると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。ショートカットキーはたくさんあるので6選なんかじゃおさまらないとは思いますが、これでもかなり役に立つかと思います。さらなるスピードマスターを目指して日々精進しましょうね。

 

 

 - Web知識 ,

PAGE TOP